トップAFVイギリスイギリス・SAS4×4デザート・レイダー Op.256 制作開始

« »

イギリス・SAS4×4デザート・レイダー Op.256 制作開始

Category : AFV イギリス

Scale : 1/35 Maker : サイバーホビー Post : 256-1


イギリス・SAS4×4デザート・レイダー 1/35 サイバーホビー

イギリス・SAS4×4デザート・レイダー 1/35 サイバーホビー

北アフリカで展開されたイギリス軍とドイツ軍の戦い。実は戦場となったのは北アフリカの海岸線に沿った細長い地域でして、その南に広大に広がるサハラ砂漠は、その厳しい自然が人が立ち入ることを強く拒んでいました。ロンメル率いる優秀なドイツアフリカ軍団の前に劣勢だったイギリス軍はその砂漠に特殊部隊を送り込み、コンパスを頼りに海を行く船のごとく、長い距離を迂回してドイツ軍の後方を叩くことに成功しました。それがイギリス軍のSASだったのです。

SASのジープは水の少ない砂漠で長期に渡る作戦行動が取れるように様々な工夫がなされていました。そんなSASジープをサイバーホビーがキット化してくれました。タミヤのSASジープ以来ですから30年以上経ってるんじゃないでしょうか。30年のプラモの進化をさっそく見てみましょう。

SAS4×4デザート・レイダー

キットの中味

小さな車両ですから車輌本体のランナーはほぼ1枚です。これにエッチングパーツが付きます。エッチングパーツはほとんどがジェリカンとジェリカンラックです。

ヘッドライトのレンズはクリアパーツ、そしてダッシュボードのメーターのデカールも付属しています。

SAS4×4デザート・レイダー

キット付属のエッチングパーツ

これはエッチングパーツです。小さい方はサンドチャネルと言って、タイヤが砂にはまってしまったときに使うものです。1/35のスケールに合わせるためでしょうね、少しだけ厚めの真鍮板で作られています。

組立て

SAS4×4デザート・レイダー

シャーシフレームとエンジン

シャーシのフレームとエンジンです。エンジンはほとんど見えなくなるのですが、けっこう精密にできています。ボンネットを接着するのを止めようかな?なんて気にさせてくれます。パーツの合いは何ら問題がないのですが、説明書が相変わらず分かりにくいですね。

SAS4×4デザート・レイダー

ボディ

ボディはほぼ1パーツで成形されていますから、細かな部品を取り付けていくだけです。ラジエターが傾いているのは塗装のために接着していないからなんですよ。ラジエターの前についているのはたしか蒸発した冷却水を戻す装置だったような・・・

SAS4×4デザート・レイダー

サンドチャンネル

サンドチャネルは2枚重ねにしてスペアタイヤの後ろに取り付けられます。取付用のピンが少々太すぎて穴を通りませんので、穴のほうを太くしておきました。ピンを細く削ると弱くなって折れてしまいそうだからです。

SAS4×4デザート・レイダー

武装とジェリカンラック

車体に機関銃やジェリカンのラックなど細かなパーツを取り付けます。ジェリカンラックはもうこれ以上付けるところがないくらいびっしりと付いています。エッチングパーツですからとっても繊細です。

ジェリカンは3コしか入らない(;´Д`)

ジェリカンは3コしか入らない(;´Д`)

後部座席のジェリカンラックですが、キットの箱絵をみてもここにはジェリカンが4つ入ることになっているのですが、残念ながら3つしか入りません。もしかしてサイバーホビーさん、ジェリカンの厚みを計算するときに間に挟んだエッチングパーツのことを忘れてたんじゃありませんか?

組立て完了

SAS4×4デザート・レイダー

組立て完了

これにて組み立て完了です。塗装の事を考えるとこれ以上接着してしまうと後が大変なので、未塗装で完成した姿をお見せすることができませんでした。

装備品は機関銃とジェリカンだけです。荷物はこれ以外にも食料品をいれたバッグや弾薬などの箱なんかもたくさん載っていたんじゃないかと思います。車体の周囲にはバッグや水筒などをぶら下げるフックも付いていますから、それらもキットに入れて欲しかったですね。もちろんフィギュアもね。

 

SAS4×4デザート・レイダー

塗装のためにまだバラバラ

組み立てに関してですが、またしてもドラゴン(サイバーホビーはドラゴンのサブブランドです)ですよ。説明書があちこち違っています。

工程3のフロントサスペンションはB55とB56が逆です。工程7のシートはB4が運転席、B5が助手席です。工程5のA36はB36の間違いです。まぁ、いずれもよく見れば分かる程度なので今回はそれほど悪質じゃありませんね(笑)。

(全作品完成まで あと98)

この記事は i-modellers 第4号 に掲載された記事 を再編集したものです。

 

 

 

関連するコンテンツ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

« »