トップAFVドイツティーガー1初期生産型(ズベズダ) その3 車体の組立て

« »

ティーガー1初期生産型(ズベズダ) その3 車体の組立て

Category : AFV ドイツ

Scale : 1/35 Maker : ズベズダ Post : 300-3


車体内部の塗装

車体内部の塗装

他のキットよりも先に進んでいるのですが、アップするのを忘れていました(^_^;)
車体の内部を塗装して車体の天板を貼り付けます。車体内部は居室部分は床のあたりはジャーマングレー、上の方はインテリアカラーです。なんか操縦室と戦闘室の仕切りがちゃんと作られているのでインテリアカラーで塗ったのですが、よく考えたら砲弾ラックやら他の機器類がなにも無いガランドウですから、べつに真っ黒でもかまいませんよね。

パーツが歪んでいるのでセロテープで矯正

パーツが歪んでいるのでセロテープで矯正

車体のパーツはロシアからの輸送でゆがんでしまったのか(?)隙間ができるので、接着剤を塗ってからセロテープでガッチリと固定です。なにもしないでもピッタリと合うタミヤやドラゴンと比べるとちょっと手間ですね。

溝が彫り忘れられてるHiQパーツのスジボリテープ筋彫りを入れた

フロントのマッドガードは鉄道などで輸送するときに、転輪の一番外側を外し、さらに幅の狭い履帯をはめて車幅を狭くするために跳ね上げ式になっています。ところがキットではこの部分に溝を彫るのが忘れられています。

そこでHiQパーツのスジボリテープとハセガワのトライツールを使って溝を彫ります。スジボリテープはセロテープの分厚くしたようなテープで、筋彫りのガイドになります。また透明なので下のプラがよく見えるので、狙った場所に貼りやすくなっています。お勧めの道具です。

強烈なヒケがあった

前面の装甲版には派手なヒケが見られました。あまりに派手なのでこってりとパテを盛ります。パンにジャムを塗るときだってこんなに塗りません(^_^;)

あちこちヒケだらけ

エンジンデッキの点検ハッチにもヒケが見られましたので、こちらもパテ埋めです。いやはやホントに手間のかかるキットです。昔の東欧系のメーカーの品質そのものですね。他の2社に比べておそらく工程数が大幅に増えるので、制作記の連番も大きくなるでしょうね。

(全作品完成まで あと86)

作品No.300の記事一覧

  1. ドイツ重戦車・ティーガー1初期生産型(ズベズダ) Op.300 制作開始 (2013年4月11日)
  2. ティーガー1初期生産型(ズベズダ) その2 足まわりの組立て (2013年4月17日)
  3. ティーガー1初期生産型(ズベズダ) その3 車体の組立て (2013年4月22日)
  4. ティーガー1初期生産型(ズベズダ) その4 前面装甲板とフロントマッドガード (2013年4月23日)
  5. ティーガー1初期生産型(ズベズダ) その5 フェンダーと車体後部の組立て (2013年4月24日)
  6. ティーガー1初期生産型(ズベズダ) その6 車体後部の組立て (2013年5月9日)
  7. ティーガー1初期生産型(ズベズダ) その7 OVMの組立て (2013年5月23日)
  8. ティーガー1初期生産型(ズベズダ) その8 牽引ワイヤ、フィルタ、予備履帯 (2013年5月31日)
  9. ティーガー1初期生産型(ズベズダ) その9 砲塔内部の組立て (2013年6月1日)
  10. ティーガー1初期生産型(ズベズダ) その10 砲塔内部の塗装と天板の接着 (2013年6月2日)
  11. ティーガー1初期生産型(ズベズダ) その11 組立て完了 (2013年6月3日)
  12. ティーガー1初期生産型(ズベズダ) その14 影吹き、基本塗装 (2013年6月7日)
  13. ティーガー1初期生産型(ズベズダ) その16 デカール貼り (2013年6月16日)
  14. ティーガー1初期生産型(ズベズダ) その17 細部の塗分け (2013年6月22日)
  15. ティーガー1初期生産型(ズベズダ) その18 スミ入れ (2013年6月26日)
  16. ティーガー1初期生産型(ズベズダ) その19 足まわりの汚しと組立て (2013年7月2日)
  17. ティーガー1初期生産型(ズベズダ) その20 フィギュアの組立て、サフ吹き、下塗り (2013年7月6日)
  18. ティーガー1初期生産型(ズベズダ) その21 蝶ねじの補修 (2013年7月9日)
  19. ティーガー1初期生産型(ズベズダ) その23 フィギュアの塗装(1) (2013年7月13日)
  20. ドイツ重戦車・ティーガー1初期生産型(ズベズダ) その24 完成!! (2013年7月14日)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

« »

関連するコンテンツ