トップ艦船日本海軍・戦艦榛名 その5 測距儀台と武装の取り付け

« »

日本海軍・戦艦榛名 その5 測距儀台と武装の取り付け

Category : 艦船

Scale : 1/700 Maker : フジミ Post : 312-5


測距儀台(って言うのですか?)

中が詰まった測距儀のやぐら

中が詰まった測距儀のやぐら

艦橋の両隣には大きな測距儀を乗せるやぐらが建つのですが、これがなんとこんなんです・・・(T_T)

中は詰まっていますし、側面はモールドがありません、しかもモールドの中央にでかでかと押し出しピンの跡。なんでこれを裏側に・・・

てっきりこれもエッチングパーツで置き換えるのかと思っていたら、なんとスルー。これは新しいキットでも同じ扱いなので、このあたりフジミさんはどうお考えなんでしょうか、理解に苦しみます。

こんな目立つところを放置だなんて。しかも、これって別に四角く巻くだけですから、組み立ての難易度も低いんですよ。ホント、理解できません。

やぐらを自作して見る

やぐらを自作して見る

文句ばかり言っていても仕方がありません。でもこのままにはできないので、自分で作る事にしました。エッチングパーツほど繊細にはできないことは承知の上で、できる限りの努力をします。

左の写真は0.5mmのプラ棒と延ばしランナー、プラ板で作ったやぐらです。写真が変なのは、小さすぎて手ぶれを起こしてしまっていたのを最新のPhotoshopCC(プチ自慢ww)で手ぶれ補正をしたところ、手ぶれは軽減したのですが、色がなんだか変になってしまったというわけなんです。

塗装してもごまかしきれませんね

塗装してもごまかしきれませんね

グレーで塗ってみると右の写真のようになります。なんだかグチャグチャですし、後ろのエッチングパーツ製のやぐらに比べるとメチャクチャ太いのですが、これくらいしか作れません。まぁ、これで良しとします。

武装の取り付け

武装などを取り付ける

武装などを取り付ける

ピットロードのセットを使って高射砲やサーチライト、測距儀を取り付けます。マストも立ててみました。随分と戦艦らしくなってきました。明日は大砲を組み立てます。

日本海軍・戦艦榛名

(全作品完成まで あと93)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

« »

関連するコンテンツ