トップ自動車ドゥカティ・デスモセディチ その2 ボディパーツの塗装

« »

ドゥカティ・デスモセディチ その2 ボディパーツの塗装

Category : 自動車

Scale : 1/12 Maker : タミヤ Post : 324-2


裏側の塗装

透け防止にシルバーを塗る

ボディの塗装をします。最初に裏側を先に塗ります。裏側はツヤ消し黒で塗るのですが、薄く赤いプラスチックは裏に塗った黒が透けて、表の発色に悪い影響があるので、透け防止のために先にシルバーを塗っておきます。

裏面を黒で塗る

シルバーが乾いたらその上からツヤ消し黒を塗ります。複雑な形状や穴が開いた形状のパーツがあるので、シルバーや黒が表に吹きこぼれますが、溶剤を染ませた綿棒で拭き取ります。実は表はサフ無しで行こうと思っています。

表の塗装

ボディの塗装

表を塗装します。説明書で指示されているのは缶スプレーの専用色ですが、手持ちのラッカーで塗装することにします。

手持ちの赤は、赤、スーパーイタリアンレッド、モンザレッド、シャインレッドと鮮やかな赤だけでも4種類ありました。その中で一番明るい色のシャインレッドを使います。ほんの少し朱色がかった明るい赤です。

表面はコンパウンドで磨き込んでいますから、このまま塗装すればテカテカになってくれるはずです。2度ほど通常の濃度で重ね塗りしたのち、塗料を通常の濃度の2倍ほどに薄めて表面をテラテラに濡らします。タレないように十分に注意しながらびしょびしょに濡らすと、表面張力で塗膜はテカテカになりました。

このまま乾燥機に入れてしっかり乾かします。カーモデルはここからがスタートですね。

(全作品完成まで あと90)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

« »

関連するコンテンツ