トップAFVドイツドイツ・3号戦車N型 その3 車体上部の組立て

« »

ドイツ・3号戦車N型 その3 車体上部の組立て

Category : AFV ドイツ

Scale : 1/35 Maker : ドラゴン Post : 329-3


フェンダー上のOVM等の組立て

OVM等の組立てOVM等の組立て

車体上部を組み立てました。ドラゴンのスマートキットは必要最小限のエッチングパーツが使われ、簡単に精密感あふれる作品ができあがります。エッチングパーツでなくては再現できなくて、しかも使うのに簡単な箇所ばかりなのがウレシイですね。

エンジンデッキの組立て

エンジンデッキの牽引ワイヤーなんかは本物の金属線を使えばよりリアルなんでしょうが、留め具にキッチリとはめるのがなかなか難しく、変に浮いてしまうと重量感を損なってしまうので、プラパーツの方が私はありがたいですね。

組み立てた車体パーツは塗装のために取り外せる

ターレットリングのある部分と、エンジンデッキ、ジャッキ台は取り外せるようにしてあります。このシリーズはパーツの合いが非常に良いので塗装後に組み立ててもなんの問題もありません。こうして上の構造物を取り除いてしまえば、OVM等の塗り分けが非常にやりやすくなります。

ティーガー1やパンター、キングタイガーのように平面にOVMが並んでいれば塗り分けは比較的楽なのですが、3号戦車4号戦車はOVMの真横に切り立った壁があり塗り分けがしにくいんですよね。

またクリアパーツで用意されているバイザーブロックも塗装後に取り付けられるのでマスキングが不要となる分楽ちんです。

(全作品完成まで あと86)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

« »

関連するコンテンツ