トップAFVイギリスSAS・ランドローバー ピンクパンサー その2 ディテールアップと塗装

« »

SAS・ランドローバー ピンクパンサー その2 ディテールアップと塗装

Category : AFV イギリス

Scale : 1/35 Maker : タミヤ Post : 333-2


スモークディスチャージャー

脱落防止用チェーンを自作

簡単なディテールアップを施します。箱絵を見るとスモークディスチャージャーのキャップに脱落防止用のチェーンが付いているので、これを再現します。極細のチェーンといってもさすがにここまで細いモノはなかなか無いので、それらしく見えるモノを作ります。

0.1mmの銅線をクルクルとよじります。これを断面が平らなペンチでギュッと握りつぶします。これで出来上がりです。ちょっと見ただけならチェーンぽく見えます。

スモークディスチャージャーにチェーンを付ける
このつぶし針金チェーンを焼き入れして柔らかくします。鉄は焼き入れするとカチカチになるのですが、銅や真鍮のような銅の合金は焼き入れをすると柔らかくなるので、バーナーで赤熱させておいてそのまま水にジュッとツッコみます。これでフニャフニャです。

柔らかくなったチェーンもどきを瞬着でスモークディスチャージャーに也付けます。どうですか、良い感じですね♪

フィギュア

フィギュアのディテールアップ

フィギュアにも少し手を入れます。首から提げているゴーグルのレンズ部分をハンドリューターでくりぬきます。実際にレンズを入れるかどうかは後から考えることにします。

細く切ったナメクジよけの銅板を先ほどと同じ様に焼き入れして柔らかくしてゴーグルのベルトにしました。

他にもディテールアップポイントは少しばかりありそうなのですが、それらは最終の組み立てが終ってから追加することにします。

サフ吹き、影吹き

サフ吹き

一度仕上がり具合を見るために全体にサフを吹いてみました。どうやら修正箇所は無いようです。

影吹き

自家製のチャコールグレー(マホガニー+タイヤブラック+フラットベース適量)を使って影吹きをするのですが、今回は完全に真っ黒にしてみました。

塗装

基本塗装(暗色)

ピンクパンサーの名前の通り、ピンク色で塗装します。指定色はデザートピンクで、フラットホワイトとフラットレッド、そしてバフを10:1:2で混ぜて作ります。これくらいの混合比率は結構微妙ではかりを使って作ったのですが、実車写真よりも赤みが弱かったので少し赤を足しました。それでもまだ薄い気がしますが、まぁ、やりすぎは良くないのでね。

作ったデザートピンクに少量の影色を混ぜて暗色とします。この暗色を使ってまずは車体の下の方や影になる所を塗りました。

基本塗装(中間色と明色)

暗色を塗った上からデザートピンクでグラデーションになるように塗装します。小さな車輌なのであまり塗る部分は多くありません。そして、最後にデザートピンクに白を混ぜた明色をボンネットやフェンダーなどの光が強く当たる部分に軽く吹いて出来上がりです。一旦ブラックチョコレートになったランドローバーがまたイチゴチョコレートになしました。美味しそうでしょ♪

(全作品完成まで あと85)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

« »

関連するコンテンツ