トップ艦船日本海軍・駆逐艦 秋月 その8 残りの手すりとスクリュー、陳列台

« »

日本海軍・駆逐艦 秋月 その8 残りの手すりとスクリュー、陳列台

Category : 艦船

Scale : 1/350 Maker : モノクローム Post : 335-8


手すり

手すりの取り付け

船体後部など残りの部分の手すりを取り付けました。ほぼまっすぐなので取り付けはとても簡単です。手すりのエッチングパーツ側に少しだけゼリー状の瞬着を付けて船体に固定します。瞬着が固まったら補強のために流し込み瞬着を伸ばしランナーの先に付けて接着面に流しました。1/700とやることは同じなのですが、サイズがおおきいので楽ちんです。

手すりの取り付け

左の写真をよく見ると、スクリューの軸受けが片方無くなっています。いつの間にか取れちゃったようです。机の下を探してみたら落ちていました。無くさなくて助かりました。

陳列台とスクリュー

陳列台の塗装

これ以上壊すわけにいかないのでそろそろ陳列台を用意することにしました。陳列台はキットに入っていたので、それを焦げ茶色に塗装しました。ツヤ有りにしようかツヤ消しにしようか悩んだのですが、結局ツヤ消しにしました。

スクリューの塗装と取り付け

壊れたスクリューの軸受けを修理し、金色に塗装したスクリューを取り付けました。スクリューの軸はタミヤなんかでは銀色の指示がされているのですが、ネットで調べてみると、金色で塗っているモデラーさんもおみえです。よく分からないので、真鍮線の色そのままにしておきました。

(全作品完成まで あと85)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

« »

関連するコンテンツ