トップAFVドイツドイツ・8t装甲ハーフトラック3.7cmFlak43搭載型 その6 完成!!

« »

ドイツ・8t装甲ハーフトラック3.7cmFlak43搭載型 その6 完成!!

Category : 完成 AFV ドイツ

Scale : 1/35 Maker : サイバーホビー Post : 337-6


砲弾マガジンと砲弾ケース

砲弾マガジン砲弾ケース

アクセサリーの砲弾マガジンと砲弾ケースを作ります。砲弾は8発ずつマガジンに収められており、1連で装填されます。キットには4個マガジンが付属しているので、全部塗装しました。

この砲は対戦車用の徹甲弾も発射できるのですが、キットに付属しているのは飛行機を撃つ用の榴弾なので、そのように塗装しました。砲弾は黄色で先っぽが白です。

砲弾とケースを乗せてみた

説明書には記述が無いのですが、装填口の前にある折りたたみ式の台は素早くマガジンを装填するための置き場なので、残りの3コのマガジンはここに立てかけました。ただもしかしたら裏表が逆だったかも知れませんね。

砲弾ケースは2個入っており、取っ手や留め具はエッチングパーツです。砲弾ケースの置き場もハッキリとは分からなかったのですが、丁度乗員用の折りたたみ椅子の下の枠がどんぴしゃのサイズだったのでそこの収めてみました。

足回りの汚しと組み立て

足まわりの汚しと組み立て

複雑な千鳥配列の足回りは組んでしまうと中まで汚しができないのであらかじめ汚しておいてから組み立てます。今回はあまり派手に汚すつもりは無いので(やり過ぎるとキットが分からなくなってしまいますからね)、AKインターラクティブのアースエフェクトを軽く塗ってから、薄く溶いたピグメントで汚しました。

足まわりの汚しと組み立て

履帯はパッツンパッツンなので1コマ増やすと先日の制作記に書いたのですが、実際に組み付けてみると、起動輪とのかみ合わせが甘かっただけで、しっかりと噛ませれば丁度良い長さとなりました。ただ起動輪にギュッと押し込んだためそこで連結が外れる危険性があるので、起動輪には接着してしまいました。

さすがは可動式履帯ですね、はめただけで自然な弛みが実現しました。面倒な作業を頑張った甲斐があります。

墨入れと雨だれとチッピング

スミ入れ、雨だれ、チッピング

全体に墨入れをしました。タミヤのスミ入れ塗料のダークブラウンを使ったのですが、表面の仕上がりが思った以上に梨地になっていたため、拭き取りに苦労しました。いくら急いでいるとは言え、一度半ツヤクリアでコートすべきでした。

AKインターラクティブのストリーキング・グライムを使って雨だれの跡を描いていきます。雨だれができる箇所の一番上に筆で点を置いていき、溶剤を染ませた平筆で縦にこすって雨だれにします。描きすぎてもエナメル溶剤で拭き取ってしまうので、何度もやり直しができるので良いですね。

スミ入れ、雨だれ、チッピング

チッピングはエナメル(ハルレッド+ジャーマングレー)を使ってスポンジで細かな傷を、筆塗りで大きな傷を描き込みました。

最後にフェンダーの上の車幅表示ポールとバックミラーを取り付けました。最初は付けていたのですが、何度も壊してしまったので、パーツの紛失をするのが心配で、全部取ってしまっていたのです。ここまで来れば安心して付けられます・・・タブン(;^ω^)

荷台(戦闘室)の汚し

荷台の汚し

荷台は砲兵がガンガン踏むのでスポンジチッピングをたくさん入れました。ただその上から土汚れもしっかりと付けたので、チッピングはあまり目立たなくなってしまいました。

土汚れはアクリル溶剤で溶いたピグメントを塗り、アルコールでぼかしたり、乾かして堅めの筆でこすったりしました。

土足でガンガン踏みつけられた戦闘室の床のできあがりです。

Flak43の仕上げ

Flak43のウエザリング

Flak43も同様にスミ入れ、雨だれ、チッピングを入れました。エッチングパーツの防盾にモールドされたマイナスねじの頭が墨入れでクッキリとしました。

実は作業の途中で一度Flak43を床に落としてしまい、防盾がバラバラになってしまいました。泣きながら修復したのですが、このときはハンダ付けで作らなかったことを公開しました。ホント、バラバラになってしまいました。ハンダ付けならばかなり丈夫にできますし、仕上がりもキレイですからね。急がば廻れですね。

完成!!

ドイツ・8t装甲ハーフトラック3.7cmFlak43搭載型 1/35 サイバーホビー

これにて 8t装甲ハーフトラック 3.7cmFlak43搭載型 の完成です。10日間で作って欲しいと頼まれたのですが、なんとか1週間で完成にこぎ着けました。土日をまるまる使うことができたのが大きいですね。そうじゃなかったらさすがに無理です。でもさすがに疲れました。(;^_^A

ドイツ・8t装甲ハーフトラック3.7cmFlak43搭載型 1/35 サイバーホビー

キットはパーツ数も多く作るのが大変そうに見えますが、パーツの合いも良く、じっくりと作れば問題なく組み上がると思います。まだ他にもドラゴンのハーフトラックベースの自走砲のキットはいくつか持っており、とても良くできたキットなので、今度はじっくりと作りたいと思います。

ドイツ・8t装甲ハーフトラック3.7cmFlak43搭載型 1/35 サイバーホビードイツ・8t装甲ハーフトラック3.7cmFlak43搭載型 1/35 サイバーホビードイツ・8t装甲ハーフトラック3.7cmFlak43搭載型 1/35 サイバーホビードイツ・8t装甲ハーフトラック3.7cmFlak43搭載型 1/35 サイバーホビードイツ・8t装甲ハーフトラック3.7cmFlak43搭載型 1/35 サイバーホビードイツ・8t装甲ハーフトラック3.7cmFlak43搭載型 1/35 サイバーホビー

(全作品完成まで あと85)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

« »

関連するコンテンツ