トップAFVアメリカM4A3E8シャーマン イージー・エイト その9 クリアパーツ、スミ入れ

« »

M4A3E8シャーマン イージー・エイト その9 クリアパーツ、スミ入れ

Category : AFV アメリカ

Scale : 1/35 Maker : タミヤ(アスカ) Post : 350-9


クリアパーツ

シャーマン イージー・エイト ヘッドライトのレンズ

シャーマン イージー・エイト ヘッドライトのレンズ

このキットではヘッドライトのレンズやペリスコープがクリアパーツで用意されています。ペリスコープは違いが分かりにくいのですが、ヘッドライトは銀色に塗っただけとクリアパーツのレンズとでは雲泥の差ですよね。ちょっとしたことなんですが、ウレシイ配慮です。

ヘッドライトは普通の接着剤を使うと曇ってしまうので、アクアリンカーという透明プラ用の接着剤を使います。接着力は弱いのですが、非常にキレイに付くので、ライトのレンズとかには重宝します。

シャーマン イージー・エイト ペリスコープ

シャーマン イージー・エイト ペリスコープ

塗装の前に貼っておいたキューポラのペリスコープ用の窓のマスキングテープを剥がします。キューポラ全体がクリアパーツで作られているので、ここも良い感じに仕上がります。

その手前に砲手用のペリスコープがありますが、こちらもクリアパーツで提供されています。一応窓の部分は塗り残して作ったのですが、ほとんど分かりませんね。

スミ入れ

シャーマン イージー・エイト スミ入れ

シャーマン イージー・エイト スミ入れ

タミヤのスミ入れ塗料のダークブラウンを使ってスミ入れをします。筆塗りで墨を入れたい箇所に適当に塗っていきます。ホント適当です(;^ω^)。

シャーマン イージー・エイト スミ入れの拭き取り

シャーマン イージー・エイト スミ入れの拭き取り

スミ入れ塗料が触れるくらいになるまで乾かしたら、タミヤのエナメル溶剤で拭き取っていきます。エナメル溶剤はプラを侵すので、細かなパーツがある場所は注意して作業します。

ほとんど残らないくらい拭き取ります。どんなにがんばっても隅っこや溝にはスミ入れ塗料がわずかに残ります。どれくらい残すかでキレイな戦車か薄汚い戦車かになりますから、その時の状況で作業を決めます。

どんなにがんばっても半ツヤの表面ではスミ入れ塗料が筆目の方向に残ります。筆目を重力の方向に合わせておけばこれでウオッシングの効果も得られます。今回は割とキレイなシャーマン戦車としました。

(全作品完成まで あと86)

作品No.350の記事一覧

  1. M4A3E8シャーマン イージー・エイト Op.350 制作開始 (2014年9月13日)
  2. M4A3E8シャーマン イージー・エイト その2 車体上部の組立て (2014年9月14日)
  3. M4A3E8シャーマン イージー・エイト その3 車体細部の組立て (2014年9月15日)
  4. M4A3E8シャーマン イージー・エイト その4 砲塔の組立て (2014年9月16日)
  5. M4A3E8シャーマン イージー・エイト その5 サフ吹き (2014年9月19日)
  6. M4A3E8シャーマン イージー・エイト その6 塗装 (2014年9月21日)
  7. M4A3E8シャーマン イージー・エイト その7 デカール貼り (2014年9月23日)
  8. M4A3E8シャーマン イージー・エイト その8 細部の塗分け (2014年9月24日)
  9. M4A3E8シャーマン イージー・エイト その9 クリアパーツ、スミ入れ (2014年9月25日)
  10. M4A3E8シャーマン イージー・エイト その10 汚し (2014年10月4日)
  11. M4A3E8シャーマン イージー・エイト その11 履帯の取り付けと汚し (2014年10月5日)
  12. M4A3E8シャーマン イージー・エイト その12 フィギュアの組み立てと下塗り (2014年10月7日)
  13. M4A3E8シャーマン イージー・エイト その13 フィギュアの顔の塗装 (2014年10月8日)
  14. M4A3E8シャーマン イージー・エイト その14 フィギュアの服の塗装 (2014年10月9日)
  15. アメリカ戦車・M4A3E8シャーマン イージー・エイト その15 完成!! (2014年10月18日)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

« »

関連するコンテンツ