トップ飛行機MV-22Bオスプレイ その3 コクピットの制作

« »

MV-22Bオスプレイ その3 コクピットの制作

Category : 飛行機

Scale : 1/72 Maker : ハセガワ Post : 356-3


MV-22Bオスプレイ 座席と操作盤

MV-22Bオスプレイ 座席と操作盤

コクピットを組み立てます。座席はただ塗って貼り付けただけです。エデュアルドのエッチングパーツにはシートベルトも入っているのですが、今回は飛行状態で作るのでパイロットがシートに座っているためこれは使いません。

通路奥にあるのは折りたたみ式の座席です。開いた状態で作ることもできるので、ここにも乗員を乗せようと思ったのですが、狭くて入りませんでした。仕方が無いので、たたんでしまいました。

操作盤は印刷済みのエッチングパーツですから、切り取って貼るだけです。しかも裏にノリが付いているシール状態なので、瞬着すら必要ありません。こんなお手軽パーツを使うなんて、なんかズルしているみたいで少し後ろめたいですね(笑)。

MV-22Bオスプレイ 計器板

MV-22Bオスプレイ 計器板

計器板も印刷済みのカラーエッチングを貼るだけです。こちらはむしろ、元々あったモールドを削り取るのが大変でした。

オスプレイはキャノピーが大きいので中がよく見えそうです。このカラーエッチングは効きそうですね。

MV-22Bオスプレイ フィギュアの組立て

MV-22Bオスプレイ フィギュアの組立て

操縦士と副操縦士のフィギュアを組み立てました。1/72ですから多くを望んではいけません。それらしくなっていればOKでしょうね。塗装までは残念ながら進めませんでした。

ちょっとヤボ用があってなかなかオスプレイの制作が進みません。でもボチボチとやっていきます。

(全作品完成まで あと93)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

« »

関連するコンテンツ