トップ飛行機MV-22Bオスプレイ その4 コクピットとキャノピー

« »

MV-22Bオスプレイ その4 コクピットとキャノピー

Category : 飛行機

Scale : 1/72 Maker : ハセガワ Post : 356-4


コクピットの制作

MV-22Bオスプレイ コクピット内壁

MV-22Bオスプレイ コクピット内壁

コクピットの背面の壁がさっぱりしているので、ソフトワイヤーを使ってパイプを追加してみました。実は友人から資料本を借りてはいるのですが、この部分の写真が無くて、確認を取れてはいないのですが、雑誌の作例を参考になんちゃってディテールアップです。まぁ、無いよりはましくらいに思っておいてください。

MV-22Bオスプレイ フィギュアとコクピットの制作

MV-22Bオスプレイ フィギュアとコクピットの制作

フィギュアを塗装して座席に乗せます。フィギュアは1/72ですから、説明書の指示だけでザックリと塗装しただけです。

フィギュアは服のしわとかを際立たせるために焦げ茶色でスミ入れしてあります。顔は焦げ茶でスミ入れすると汚らしくなるので、茶色でスミ入れしてあります。

MV-22Bオスプレイ コクピットの組立て

MV-22Bオスプレイ コクピットの組立て

計器板や操縦桿を接着します。これでコクピットは完成ですね。

キャノピー

MV-22Bオスプレイ キャノピーの塗装

MV-22Bオスプレイ キャノピーの塗装

キャノピーの頭の上はスモークガラスになっているので、マスキングをして裏側から塗装しました。使ったのはクレオスのGXカラーのクリアブラックです。

MV-22Bオスプレイ キャノピーの組立て

MV-22Bオスプレイ キャノピーの組立て

写真を撮り忘れてしまったのですが、キャノピーの内側に天井の操作パネルやバックミラーなどのパーツを取り付けます。そしてキャノピーを機体に接着しました。

少しだけ隙間が空いたので、溶きパテを使って隙間を埋めておきました。放置するとそこから塗料が舞い込んでしまいますからね。

(全作品完成まで あと93)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

« »

関連するコンテンツ