トップAFVイギリス6ポンド対戦車砲 空挺部隊 / 1/4tトラック その5 車体上部の組立て

« »

6ポンド対戦車砲 空挺部隊 / 1/4tトラック その5 車体上部の組立て

Category : AFV イギリス

Scale : 1/35 Maker : ブロンコ Post : 361-5


1/4tトラック

今回は車体の上に積まれた荷物、そして細々としたパーツを作ります。今回で1/4tトラックの組立ては完了します。

詳しくはつづきをどうぞ…

ボンネット

1/4tトラック

銃のラック

ダッシュボードの上にはライフル銃のラックがあります。受けはエッチングパーツで作るので、銃を乗せたり下ろしたりできます。銃を別で塗装して乗せられるので助かりますね。

小さな車体にギューギュー詰めに人や荷物が載るので、あらゆるスペースを使ってさまざまなモノが搭載されます。そのため本来ここにあるフロントウインドウは取り払われてしまっています。

1/4tトラック

砲弾ケース

砂漠を走るSASジープはボンネットに水や燃料のジェリカンを乗せていますが、このジープは大砲を曳いて敵地を進むので砲弾ケースを積んでいます。空挺部隊ですからね、砲弾を運ぶ車輌の随伴は当てにできないってことなんでしょうかね。

どれほどの数が入るのか分かりませんが、サイズからして6発くらいでしょうかね。これをボンネット上に2箱と、フロントバンパーの上に1箱積みます。

1/4tトラック

砲弾ケースを積んでみた

砲弾ケースは直接ボンネットに貼り付けるのではなく、ちゃんとベルトで留められます。そのベルトを留めるためのフックもエッチングパーツで用意されています。もうカンペキですね。

ボンネットの両サイドにも銃のラックが付きます。こちらもエッチングパーツですから、銃を下ろすことができます。

車体前部

1/4tトラック

車体前部の砲弾ラックとOVM

フロントバンパーの上には砲弾ラックが積まれます。こちらもちゃんとベルトで留められます。

OVMはバンパーの前にベルトで留められています。ジープでは普通OVMは車体の横に貼り付いているのですが、空挺車輌ではグライダーから降ろすときに引っかかるのを防ぐために、サイドには極力物が付けられていません。バンパーも横幅が切り詰められています。

車体後部

1/4tトラック

車体後部

この車体の後部に付けられた三角形のフレームはなんでしょうね?

キットではこの位置に固定なのですが、実車では留め具をまわすと水平に倒せそうですよね。

金属パーツでできていますし、ちゃんと穴も開いていますから、可倒式に作ることも可能なのですが、倒してどうするのか分からなかったので、そのままくっつけちゃいました。

これにてブロンコの超絶1/4tトラックの組立ては完了です。次はもっと超絶な6ポンド対戦車砲の組立てにかかります。もう目がつぶれそう(;^_^A

(全作品完成まで あと100)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

« »

関連するコンテンツ