トップAFVドイツパンツァーヴェルファー42型 その5 車体各部の組立て

« »

パンツァーヴェルファー42型 その5 車体各部の組立て

Category : AFV ドイツ

Scale : 1/35 Maker : タミヤ(イタレリ) Post : 358-5


車体部分が完成 パンツァーヴェルファー42型

フェンダーやライトなど細かなパーツを取り付けて車体部分が完成しました。なかなか愛嬌のある形をしています。大部分のヒケは他のパーツの下に隠れたのですが、やはりその気になれば見える位置に残っていますね。直しておいて良かったです。

詳しくは続きをどうぞ。

パンツァーヴェルファー42型

フェンダーの取り付け

フェンダーと雑具箱を車体に取り付けます。心配していたパーツの歪みも無く、すんなりと付いてくれました。

ジェリカン

ジェリカン

これはフェンダーの下につり下げられるジェリカンです。ドイツ軍のジェリカンは左右のパーツを真ん中で溶接して組み立てられているのですが、そのために中央に大きな溝があります。

キットではその溝がモールドされておらず、そのまま組むと(写真の右側)ただ単に合わせ目ができるだけになります。

そこでノミを使って合わせ目に1mm程度の溝を彫り、溶接のための溝を再現しました。普通のパーツ整形と逆ですね。

パンツァーヴェルファー42型

車体前部の組立て

車体前部を組み立てます。ヘッドライトなどを付けるだけですけどね(^^ゞ

フロントグリルは塗装の時に中に塗料が入らないようにマスキングテープを内側から貼っておきました。

パンツァーヴェルファー42型

車体後部の組立て

車体後部も組み立てます。左右の雑具箱の後端と車体の後端が微妙にずれていますが、実車の写真を見ても完全に面一ではないようなので、これで良しとしました。

これで車体部分の組立てが完了しました。次はいよいよロケット砲の組立てですね。

(全作品完成まで あと96)

“パンツァーヴェルファー42型 その5 車体各部の組立て” への3件のフィードバック

  1. トミー より:

    根生さん、ご無沙汰しています。
    タミヤ・イタレリのこちらのキット、大変興味深く拝見しています!
    イタレリは、工作で苦労することが結構ありますが、なぜかやめられません(^^)
    完成を楽しみにしております(^^)/

    • 根生 根生 より:

      トミーさん、こんにちは。コメントありがとうございます。

      そうですね、イタレリに限ったことじゃなく古いキットはなかなか大変です。でもある程度割り切って考えれば、このパンツァーヴェルファーのように珍しい車両もあったりするので楽しいですよね。

      細部の再現度はイマイチですが、このキットはパーツの合いは良く、慎重にすりあわせをすれば特に問題はありませんよ。

  2. トミー より:

    ありがとうございます!
    フィギュアがついているのもイイですし、買ってみようかと思います。
    いつ作るのか…って感じですが、手元に置きたいですね(^^;

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

« »

関連するコンテンツ