トップAFVドイツ連邦パンツァーハウビッツェ2000 その8 車体下面の汚し

« »

パンツァーハウビッツェ2000 その8 車体下面の汚し

Category : AFV ドイツ連邦

Scale : 1/35 Maker : モンモデル Post : 357-8


車体下面の汚し

ほぼ新車状態の パンツァーハウビッツェ2000 ができてきたので、いよいよ仕上げの工程に入ります。今回はまず車体下面を中心にエアブラシを使って汚しました。

詳しくはつづきをどうぞ…

足回りの汚し

今回はプラモカタログの作例ですから、派手に汚してキット本来のディテールが分からなくなってはいけませんし、また常時戦闘状態にあるわけじゃ無いドイツ連邦軍ですから、軽く汚すだけにとどめます。

粉モノ(ピグメント)はいっさい使わずにエアブラシで汚れを軽く吹くだけにします。使う塗料はお気に入りのフラットアースです。アース…つまり地面の色ってことですよね。これをラッカーで薄めに溶いてふわっと吹き付けました。

車体前部の汚し

車体の前部です。同じ様にふわっとフラットアースをかぶせます。さらに今回はエアブラシの裏技を使ってドロ跳ねを再現します。

エアブラシは先に塗料を止めてからエアを止めます。この順序を守らないと、次にエアを出したときにノズルに貯まった塗料がビシャッと吹き出して汚くなってしまいます。今回はこれを逆手にとって泥跳ねを再現します。

エアブラシのノズルに塗料を貯めて、一気にエアを出します。するとベシャッと塗料が飛び出しました。普段なら失敗なのですが、今回はわざとです(笑)。

(全作品完成まで あと97)

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

« »

関連するコンテンツ