トップ飛行機キ44 鍾馗2型 その5 デカール貼りとエンジンとプロペラの制作

« »

キ44 鍾馗2型 その5 デカール貼りとエンジンとプロペラの制作

Category : 飛行機

Scale : 1/72 Maker : ハセガワ Post : 373-5


デカール貼りとエンジンとプロペラの制作

今回はデカール貼りです。日の丸や敵味方識別帯など大きな物は塗装ですませてあるので、デカールは少しだけです。ですが貼り終えた後はしばらく機体の作業はできませんので、エンジンとプロペラを作りました。

詳しくはつづきをどうぞ…

デカール貼り

デカール貼り

デカールを貼る前に、防眩塗装の部分をマスキングします。というのも、デカールの上からクリアを吹いてデカールを保護するつもりなのですが、その時に防眩塗装までツヤ有りになっては困りますからね。

舵面はツヤ消しがなのですが、ここにはなるべくクリアがかからないように注意するつもりです。こんないい加減なことでいいんだろうか・・・(;^ω^)

エンジンとプロペラの制作

エンジンとプロペラの組み立て

エンジンとプロペラを組み立てます。といってもそれぞれ2パーツづつですからたいしたことではありません。ただ、プロペラを抜き差しできるようにするために、中に軟質プラのブッシュを仕込んでおきました。たまたま手持ちにあった余剰パーツの寸法があったのがラッキーでした。

プロペラとエンジンの塗装

プロペラはスピナー先端の白と、プロペラ先端の黄色を先に塗っておいてからマスキングをして、本体を塗装しました。

エンジンは中央がシルバーで、シリンダーは黒鉄色なのですが、こちらはエアブラシでマスキング無しで適当に塗り分けています。あまり見えない所なので、キッチリ塗り分けできていなくても大丈夫です。

(全作品完成まで あと100)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

« »

関連するコンテンツ