トップ飛行機F-15Jイーグル その2 機体の組み立て

« »

F-15Jイーグル その2 機体の組み立て

Category : 飛行機

Scale : 1/72 Maker : プラッツ Post : 382-2


機体の組み立て

コクピットができたので、今回はもう一つの内部部品となるエンジンダクトを組み立てて仕込みます。これで機体を貼り合わせることができます。

詳しくは続きをどうぞ…

エンジンダクトの塗装と組み立て

エンジンダクト内部の塗装

機体の中に組み込むエンジンを先に組み立てます。のぞき込まないと奥までは見えないのですが、一応タービンのブレードがパーツとして用意されています。ダクトの内部とタービンを指定色で塗装して貼り合わせます。

貼り合わせには大きなダボが付いており、おかげで正確に位置を決めることができます。このあたりの配慮で非常に組み立てやすいキットとなっています。さすが日本製品ですね。

機体の貼り合わせ

機体の貼り合わせ

機体を貼り合わせます。内部に仕込まれるエンジンなど接合部が見えなくなるパーツは非常に大きなダボで位置決めをするため、しっかりと内部に固定されます。

機体は上下を貼り合わせ、さらに左右のパーツが別に付くという複雑なパーツ分割になっているのですが、慎重に作業をすればキッチリとはまってくれました。

脚格納庫の塗装

脚の格納庫を塗装します。ツヤ有りの白での塗装指示ですが、クレオスの特色セットのC378ランディングギアホワイトで塗装しました。普通の白よりは少しだけグレーがかっている感じです。

機首の取り付け

機首の取り付け

コクピットの入っている機首を貼り付けます。これも内部に非常に大きなダボが仕込まれているので、ガッチリ固定することができました。

(全作品完成まで あと99)

秋祭りでてんやわんやでした(;^ω^)

秋祭り

更新間隔が随分と空いてしまった割りに全然進んでいないのですが、実は日曜日に私の住む町の秋祭りがありまして、今年は会計係と言うことで10月に入ってずっとてんやわんやの大忙し。さらにこの3連休は準備や後片付けもあり、今日の午後になってやっと解放されたというところです。

この後もため込んだ仕事を片付けなければいけなかったりするので、プラモの進捗は少々遅くなり、更新も滞りがちになりそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

« »

関連するコンテンツ