トップ飛行機F-15Jイーグル その4 キャノピーのマスキング

« »

F-15Jイーグル その4 キャノピーのマスキング

Category : 飛行機

Scale : 1/72 Maker : プラッツ Post : 382-4


キャノピーのマスキングと下塗り

機体が士の字になったので次は細かなパーツの取り付けになるのですが、細かなパーツなので破損する心配があります。そこで先にキャノピーをマスキングして取り付け、下塗りをしました。

詳しくはつづきをどうぞ…

その前にもう少し

主脚格納庫の塗装

主脚の格納庫の塗装をするのを忘れていたので塗っておきます。Mrカラーの特色セットのランディングギアホワイトです。ほとんど普通の白ですけどね。

垂直尾翼の合わせ目消し

垂直尾翼の合わせ目ももう一度整形してサフを吹いてみました。合わせ目はちゃんと消えていました。目立つ箇所だけに頑張りがいがありました。

キャノピーの整形

キャノピーのパーティングライン

キャノピーを整形します。キャノピーパーツには中央にパーティングラインがクッキリと付いています。普通のパーツならば削り取ってしまうだけで良いのですが、クリアパーツですから、削った後もちゃんと透明に戻してやらねばいけません。これはなかなか手間のかかる作業です。

キャノピーのパーティングライン消し

サンディングスティックの400番、600番、800番、1000番、1500番まで削り、さらにサンドペーパーで2000番、3000番、6000番、8000番と進めます。ペーパーの番号はできるだけ飛ばさない方が結果的には早く作業できます。

最後の仕上げとしてコンパウンドで磨き上げます。これでパーティングラインは消え、パーツも透明に戻ってくれました。

マスキングと塗装

キャノピーのマスキングと下塗り

マスキングは1mm程度の幅に切ったマスキングテープで枠を取り、次に2mmのマスキングテープでその中を埋め、最後に大きさを合わせたマスキングテープで残りを埋めます。

マスキングができたら最初にクリアを吹きます。クリアがマスキングテープにわずかにできる隙間に入り、漏れ出しを防いでくれます。最後にキャノピーの枠の内側の色となる黒を塗装しました。

コクピットのマスキング

キャノピーはマスキングテープを内側に貼ってコクピットに貼り付けていたのですが、しばらくしたら浮いてきたので、このままキャノピーパーツでマスキングするのは諦めて、まじめにマスキングテープでコクピットをマスキングしました。やっぱりめんどくさがってはいけませんね(;^ω^)

(全作品完成まで あと99)

秘密兵器購入

USBカメラ

USB接続の接写カメラを購入しました。パソコンに映し出すので、大きなモニタを使えばかなりのサイズに拡大できます。

以前顕微鏡を購入したのですが、筆に塗料を付ける時は顕微鏡から眼を離さないといけないため、作業性がイマイチ良くなくて苦労しました。今度は大きなモニタに映し出されるので、少しは作業性が良くなるような気がします。

コクピットを接写

試しにコクピットを接写してみました。ステンレスのエッチングパーツにカラー印刷が施されたオプションパーツを使用したのですが、こんなに精密に印刷されているとは知りませんでした(;^ω^)

肉眼ではまるで見えないほど細かな所まで再現されており、ビックリです。

購入したのは サイトロン・デジタルマイクロスコープ・ナノキャプチャ という製品で、60倍~250倍だそうです。プラモの塗装には少々倍率が高すぎる感じがしましたが、実は画像の解像度が1600ピクセルもあり、17インチモニタに映せば60倍になっているだけで、表示するウインドウサイズを小さくすれば使いやすい20~30倍くらいの表示もできます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

« »

関連するコンテンツ