トップAFVドイツ4号対空戦車オストヴィント その10 フェンダー上の組み立て

« »

4号対空戦車オストヴィント その10 フェンダー上の組み立て

Category : AFV ドイツ

Scale : 1/35 Maker : トランペッター Post : 383-10


フェンダー上の組み立て

フェンダーの上に付くOVMやライトなどの組み立てをします。キットにはディテールアップ用のエッチングパーツが付属しますが、使わなくてもプラパーツだけで組み立てることも可能になっています。なかなかやさしい設計なのですが、せっかくなので一部使うことにしました。

詳しくはつづきをどうぞ…

フェンダー上のOVM等の組み立て

右側のOVMなどの取り付け

右側のOVMなどの取り付けです。細長い大きな箱が並んでいるのはおそらく砲弾ケースです。その前にエンジン始動要のクランクと斧があります。斧の留め具はエッチングパーツで組むことができるようになっているのですが、私は留め具の組み立てが苦手なので、ハンドルだけをエッチングパーツから使いました。

フェンダーステーはプラパーツを使わない場合、車体表面のモールドを削り取ります。面倒ですが、シャープで繊細なステーになるので、ここは一手間かけ所ですよね。

左側のOVMの取り付け

こちらは左側です。ことらでも部分的に使うエッチングパーツがなかなか効果的です。

ワイヤカッターの後には予備転輪のホルダーが来るのですが、これはフェンダーにでは無く車体側に貼り付けることにするので、後の工程で作ります。フェンダーに開いた取り付け用の穴を埋めておきます。

砲弾ケース

これは右のフェンダーに乗る砲弾ケースです。この見えている側が外側に来るのですが、これが酷いパーティングラインとヒケでとても修正できるような代物じゃありませんでした。

モールドごと全部削り取って平らにしてから、もう一度プラストライプを貼り付けてモールドを復活させておきました。

後のフェンダー

タグワイヤー・フック

ちょっとピンぼけ写真ですが、後のフェンダーです。真ん中に反射板が着くのですが、コーティングで位置が分からなくなってしまいました。しかがたないので適当に中央あたりのコーティングを剥がして接着です(;^ω^)。

これでシャーシ部分の組み立ては完了です。次は車体の上部を組み立てます。

(全作品完成まで あと100)

関連するコンテンツ

作品No.383の記事一覧

  1. ドイツ・4号3.7cmFlak43対空戦車オストヴィント Op.383 制作開始 (2015年11月9日)
  2. 4号対空戦車オストヴィント その2 シャーシ前後の組み立て (2015年11月10日)
  3. 4号対空戦車オストヴィント その3 履帯の組み立て (2015年11月12日)
  4. 4号対空戦車オストヴィント その4 車体内部の組み立て (2015年11月15日)
  5. 4号対空戦車オストヴィント その5 車内(居室部)の塗装 (2015年11月16日)
  6. 4号対空戦車オストヴィント その6 エンジンの塗装 (2015年11月29日)
  7. 4号対空戦車オストヴィント その7 フェンダーの取り付け (2015年11月30日)
  8. 4号対空戦車オストヴィント その8 車内の仕上げ (2015年12月4日)
  9. 4号対空戦車オストヴィント その9 ツィンメリット・コーティング (2015年12月5日)
  10. 4号対空戦車オストヴィント その10 フェンダー上の組み立て (2015年12月9日)
  11. 4号対空戦車オストヴィント その11 車体上部の組み立て (2015年12月11日)
  12. 4号対空戦車オストヴィント その12 砲塔の組み立て、組み立て完了 (2015年12月12日)
  13. 4号対空戦車オストヴィント その13 塗装 (2015年12月13日)
  14. 4号対空戦車オストヴィント その14 各部の塗分け (2015年12月14日)
  15. 4号対空戦車オストヴィント その15 足回りの組み付け (2015年12月15日)
  16. ドイツ・4号対空戦車オストヴィント その16 仕上げ・完成!! (2015年12月16日)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

« »