トップAFVドイツノイバウファールツォイク その4 履帯の組み立て

« »

ノイバウファールツォイク その4 履帯の組み立て

Category : AFV ドイツ

Scale : 1/35 Maker : サイバーホビー Post : 387-4


履帯の組み立て

履帯を組み立てました。取り付けてしまうと塗り分けが大変なので、一列につないでから塗装し、それを巻き付けました。

詳しくはつづきをどうぞ…

履帯の連結と塗装

履帯の連結と塗装

履帯は説明書によると片側124コマ連結します。そこでランナーから切り出した履帯を5コマずつ並べて並べます。履帯には流し込み接着剤を流すので、そのまま下に貼り付いてしまわないように、ペーパーパレットの上で作業します。

全部のコマを連結したら定規を当ててまっすぐにして硬化を待ちます。接着には硬化に時間がかかる代わりに接着力が強いリモネン系を使います。そのためかなり堅くなるには1時間ほどかかります。

30~40分ほど経過して板ガムほどの堅さになったら塗装します。塗料はモデルカステンの履帯カラーを使いました。

履帯の巻き付け

履帯の巻き付け

履帯を巻き付けます。半分くらいの場所で大きく曲げて車体に合わせます。端を起動輪に当てて位置を決めたら、反対側の端も起動輪にはめて接着します。

ところが長さが全然足りません。見てみると3コマほど不足です。まぁ、ドラゴンの説明書はいつものことですからね。慌てずに3コマ塗装して起動輪の上で接着していきます。起動輪には歯があるので、その場で接着剤を付けて連結していけますからね。

形の調整

履帯が堅くなる前に上部転輪の間で弛みを作ります。少し押してやれば弛んでくれます。

そのまま次は反対側を作業します。片側1.5時間ほどですから、両方で3時間の工程でした。

(全作品完成まで あと98)

関連するコンテンツ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

« »