トップAFVドイツノイバウファールツォイク その5 フェンダーの取り付け

« »

ノイバウファールツォイク その5 フェンダーの取り付け

Category : AFV ドイツ

Scale : 1/35 Maker : サイバーホビー Post : 387-5


フェンダーの取り付け

フェンダーを車体に取り付けます。フェンダーは裏側が塗装できなくなるので、先に塗装と汚しを済ませています。もちろん履帯も同様に汚してあります。

詳しくはつづきをどうぞ…

履帯の汚し

履帯の汚し

ピグメントを使って履帯を汚します。いつもは泥状に溶いたピグメントを使うのですが、今回はちょっとやり方を変えてみます。

ピグメント3種類くらいを粉のまま履帯の上に乗せていきます。このままでは全部落ちてしまいますから、ピグメントフィクサーを流して固定します。フィクサーは筆に染ませてピグメントの上からポンポンと濡らしました。

履帯の銀ブラシ

フィクサーが乾燥するとピグメントの粉っぽさが戻ってきました。このアダムワイルダーのフィクサーはなかなか使えます。ただし、エナメル系の様なので、やはり履帯の接着部分が少し柔らかくなってしまいました。塗る量を気をつけないと履帯がバラバラになっちゃいそうですね。

フィクサーが十分に乾いて履帯が再び堅くなったら、銀色をドライブラシの要領で接地部分に塗りました。

フェンダーの塗装と取り付け

フェンダーの組み立てと塗装

フェンダーのパーツを組み立てて裏側を塗装します。ジャーマングレーの暗色で塗装です。

続いて履帯を汚したのと同じピグメントを、今度はアクリル溶剤で溶いて塗りつけます。乾いたら余分を堅めの平筆でこすって落としました。

フェンダーの取り付け

フェンダーを車体に取り付けます。さすがにドラゴンですね。パーツの精度は抜群で、これだけの大型パーツがすんなりとはまってくれました。

こうしてみると、フェンダーと履帯とのクリアランスはほとんど無く、履帯を塗装のために取り外すのはとてもできそうにありませんね。今回の組み立て手順で正解だったような気がします。

(全作品完成まで あと98)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

« »

関連するコンテンツ