トップ飛行機エリア88・F-14Aトムキャット その11 デカール貼り

« »

エリア88・F-14Aトムキャット その11 デカール貼り

Category : 飛行機 キャラクター

Scale : 1/72 Maker : ハセガワ Post : 388-11


デカール貼り

デカールが届いたのでF-14Aトムキャットの再開です。ほとんどのデカールは元々のキットに付属するデカールを使うのですが、エリア88に登場する機体ですから、翼にはパイロットのパーソナルマークが付きますし、逆に米軍機の国籍マークや機体番号などは書かれません。エリア88用のデカールはマイクロドライプリンタで作られた物だそうで、初めて使いますが、普通のデカールとほぼ同様に貼ることが出来ました。

詳しくはつづきをどうぞ…

追加の塗装

垂直尾翼基部の塗り分け

この後に及んで塗装作業とは間抜けな話ですが、塗り忘れていた箇所を発見してしまいました。この垂直尾翼の基部は機体色ではなく垂直尾翼と同じ黒だったんですね。

マスキングテープでマスキングをして半ツヤの黒を吹きました。デカールを貼る前に気づいて良かったです。

デカール貼り

パーソナルマークの貼り付け

エリア88仕様のデカールはそれほど多くありません。貼るのは垂直尾翼のうさぎのマークとエリア88を示すA-88の部隊記号、そしてパイロットの名前をキャノピーの枠に貼ります。キャノピーの枠のデカール貼りは今回はまだできませんので、まずは最初の2つです。

マイクロドライプリンタで作られたデカールはデカールの台紙全体が余白になっているため、まずはデカールの形に切り取らねばなりません。できるだけ余白は小さく切りますが、ギリギリではキレイに切れないので、少しだけ余白を残します。

それでも貼り付けてみるとあまり余白は目立ちません。下地づくりをしっかりとしておいたのが良かったようですね。やれやれです。

機首のデカール貼り

部隊マークの付く位置は本来ここに編隊灯があります。そこで編隊灯のデカールを先に貼っておいて、その上から部隊マークを貼りました。

機首のデカール貼りです。これらはハセガワの説明書を見ながら貼り付けました。米軍の部隊記号や国籍マークは貼っていません。

翼のコーションマーク

翼のコーションマークです。NO STEP(ノルナ)ってやつですね。数が多いので大変ですが、コツコツと貼り進めます。

写真はありませんが、機体の裏側や側面にも注意書きのデカールがあります。それらも説明書で位置を確認しながら貼り付けました。

デカールがある程度乾いたらクレオスのマークソフターをべったりと上から塗ってそのまま放置します。このまま1日以上置いてしっかり乾燥させれば密着してくれると思います。

(全作品完成まで あと99)

関連するコンテンツ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

« »