トップ飛行機エリア88・F-14Aトムキャット その7 機体の汚しと細部の塗り分け

« »

エリア88・F-14Aトムキャット その7 機体の汚しと細部の塗り分け

Category : 飛行機 キャラクター

Scale : 1/72 Maker : ハセガワ Post : 388-7


機体の汚しと細部の塗り分け

現用のジェット戦闘機は非常に表面が汚くシミだらけだったり、パネルの中央が白っぽく退色したりしています。これを再現します。また翼を組み立てるために断面を赤く塗ったりと細部の塗り分けもしました。

詳しくはつづきをどうぞ…

機体の塗り分け

機体の塗り分け

塗料を切らしていて塗ることができなかった主翼付け根の後の部分を塗り分けました。なんでここだけ色が違うんでしょうね。なにか訳でもあるんでしょうか?

機体の汚しと退色

機体の汚しと退色

機体の汚しをします。機体色に少しだけ暗いグレーを混ぜた色を作り、これを細吹きのハンドピースでパネルラインに沿って吹きます。実際には少し違うので、こだわるならマスキングゾルを使ったりして塗り分けるのですが、1/72ということもあり、今回は簡単な方法で済ませています。

各パネルの中央には逆に機体色よりも少し明るいグレーを作り吹いています。

裏面も同様にパネルラインに汚しを入れていますが、さすがに白よりも明るい色は無いので退色は塗っていません。

全体に少し濃く入りすぎているような気もしますが、デカールを貼った上からもう一度全体にうっすらとグレーを吹いてぼかすつもりなので、それを見越してこれくらいにしています。

細部の塗り分けと補助翼の取り付け

細部の塗り分けと補助翼の取り付け

主翼やフラップ、エルロンの断面を327番の赤で塗装します。またフラップの前端を銀色で塗っています。

主翼に補助翼を取り付けます。着艦している状態を作るので、フラップもエルロンも下げた状態です。こうなると随分と大きいですね。F-15イーグルよりも少し大きく見えます。

やらかした・・・

さて次はデカール貼り…と思ったのですが、よく見たらホビーショーで買ってきたミッキー機のデカールだけ1/144用でした。シン機やセラ機は間違えずに1/72だったのに。フックから取るときに間違えたんでしょうね。なんで気づかなかったんでしょう?オマヌケです。

仕方が無いので急遽デカールのメーカーのサイトで1/72用を注文しました。600円なのですが、送料とかがかかって1000円チョイしてしまいます。ここへ来て追加の出費となってしまいました。早くデカール届かないかな~

(全作品完成まで あと97)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

« »

関連するコンテンツ