トップ飛行機エリア88・F-14Aトムキャット その13 スミ入れ

« »

エリア88・F-14Aトムキャット その13 スミ入れ

Category : 飛行機 キャラクター

Scale : 1/72 Maker : ハセガワ Post : 388-13


スミ入れ

まだキャノピーとかが付いていませんが、まずスミイレをします。キャノピーは一番最後に取り付けないと壊しちゃいそうですからね。

詳しくはつづきをどうぞ…

スミ入れ

クレオス Mr.ウエザリングカラーでスミ入れ

スミイレはいつものMr.ウエザリングカラーです。白っぽい色の機体なので、いつものマルチブラックでは汚くなりすぎるので、マルチグレーを混ぜて明るくしたスミ入れ塗料を使います。

パネルラインなどスミを入れたい箇所に塗っていきます。機首に塗ってないのは手で持つためで、2回に分けて塗るためです。

拭き取り

拭き取り

専用の溶剤を平筆に染ませて拭き取ります。その時空気の流れる方向に汚れが残るように拭き取ります。

ハセガワの繊細な筋彫りがスミイレで良く見えるようになります。そうなっても細くて繊細な筋彫りは細いままなので、良い感じに仕上がります。ハセガワの飛行機キットは人気があるはずです。

白部分のスミ入れ

白部分のスミ入れ

スタビレーターや機体の裏側のような白い部分のスミイレはマルチグレーをそのまま使いました。ホワイトを混ぜようかとも思ったのですが、マルチグレーで十分でした。

エンジンの排気ノズルのスミイレはマルチブラックで行いました。でもあまり変わり映えしませんね。前の銀色で塗った部分の筋彫りが少しハッキリしたくらいです。

ここまできたらもう少しで完成です。乾燥待ち時間などに塗装を済ませてあるミサイルやキャノピーを組み立てて取り付ければ完成ですね。

(全作品完成まで あと99)

 

関連するコンテンツ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

« »