トップAFVドイツPak43ヴァッフェントレーガー その4 車体前部の組み立て

« »

Pak43ヴァッフェントレーガー その4 車体前部の組み立て

Category : AFV ドイツ

Scale : 1/35 Maker : トランペッター Post : 390-4


車体前部の組み立て

車体の各部を組み立てます。まずは車体前部の組み立てです。車体の前部にはエンジンを収めた機関室と運転室があります。それらを組み立てます。

車体上部パーツの整形

車体上部パーツの整形

車体の前部に付くボディパーツです。右側にエンジンを収めた機関室、左側には運転席用のスペースがあります。左側の運転席側の外壁はヒケが酷く表面が波打っていたので、一枚皮を剥くように削り取りました。その際ここにパーツを付けるためのダボや位置決めのモールドが無くなってしまうので、あらかじめケガいて傷を入れています。

車体前部のボディパーツの整形

運転席の内壁もかなりヒケが酷いのですが、こちらはあまりにヒケすぎていて削るだけではどうにもならないので、パテで埋めてならしました。ご覧の通り、クッキリとパテが残っています。

ダッシュボード

ダッシュボードの塗装

運転席の上部を組み立てて塗装しました。オープントップの車輌なので運転席もほぼ車体色と同じです。

メーターはデカールを貼ったのですが、これはキットに付属のものではありません。ジャンクパーツの中からサイズと雰囲気の合う物を捜して貼りました。大きなメーターは1/24のフェアレディZのもの、小さなものは現用飛行機のメーターをパンチで打ち抜いて使いました。貼ってみるとそれらしく見えるものですね。

車体前部の組み立て

車体前部の組み立て

車体前部のボディパーツを車体に接着します。フェンダーとはメタルロックで接着しました。そしてボディ上部パーツに装甲板やハッチ、トラベルロック、ヘッドライトなどを取り付けました。トラベルロックは可動します。

車体前部の組み立て

反対側です。排気管を取り付けました。排気管は前に向いて出ています。排気管の口はピンバイスに付けたドリルで少しずつ広げて管を肉薄にしてあります。

今日の作業はここまでです。次は車体の後部を組み立てます。

(前作品完成まで あと97)

作品No.390の記事一覧

  1. ドイツ・8.8cmPak43ヴァッフェントレーガー Op.390 制作開始 (2016年3月15日)
  2. Pak43ヴァッフェントレーガー その2 車体内部の制作 (2016年3月16日)
  3. Pak43ヴァッフェントレーガー その3 フェンダーの組み立て (2016年3月18日)
  4. Pak43ヴァッフェントレーガー その4 車体前部の組み立て (2016年3月20日)
  5. Pak43ヴァッフェントレーガー その5 車体後部の組み立て (2016年3月23日)
  6. Pak43ヴァッフェントレーガー その6 砲架の組立て (2016年3月24日)
  7. Pak43ヴァッフェントレーガー その7 揺架と砲尾の組み立て (2016年3月25日)
  8. Pak43ヴァッフェントレーガー その8 防盾の組み立て (2016年3月26日)
  9. Pak43ヴァッフェントレーガー その9 防盾の取り付け (2016年3月27日)
  10. Pak43ヴァッフェントレーガー その10 組み立て完了 (2016年3月29日)
  11. Pak43ヴァッフェントレーガー その11 基本塗装 (2016年3月30日)
  12. Pak43ヴァッフェントレーガー その12 迷彩塗装 (2016年3月31日)
  13. Pak43ヴァッフェントレーガー その13 デカール貼り (2016年4月2日)
  14. Pak43ヴァッフェントレーガー その14 スミ入れと細部の塗り分け (2016年4月3日)
  15. Pak43ヴァッフェントレーガー その15 足回りの組みたて (2016年4月4日)
  16. ドイツ・8.8cmPak43ヴァッフェントレーガー その16 完成!! (2016年4月5日)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

« »

関連するコンテンツ