トップAFVドイツヴァッフェントレーガー(ボルジッヒ・ラインメタル) その10 スミ入れ

« »

ヴァッフェントレーガー(ボルジッヒ・ラインメタル) その10 スミ入れ

Category : AFV ドイツ

Scale : 1/35 Maker : サイバーホビー Post : 399-10


スミ入れ

完成も近づいてきました。本当ならこのあたりでフィニッシュできそうなのですが、最近バタバタと忙しく、今回はスミイレまでです。それでものっぺりとしただだっ広い戦闘室の防盾が情報量が増して良い感じになってきました。

詳しくはつづきをどうぞ…

スミ入れ

スミイレはいつものMr.ウエザリングカラーのグランドブラウンを使いました。塗料を一度スミイレしたい部分に塗り、触っても取れないくらいまで乾かします。クレオスのMr.ウエザリングカラーはペトロール系なのですが、タミヤのエナメルや油彩に比べるとずっと早く乾きます。そのためプラを侵しにくいので助かります。

スミ入れ塗料が乾いたら専用の溶剤を染ませた平筆で洗うように拭き取ります。だからウオッシングって言うのでしょうかね。

スミ入れ

拭き取りは重力の方向に向かってするので、汚れが垂れたように残ってくれます。

隅っこに塗料が取り切れずに残るので、立体感が増します。ボルトの周囲などで少し取れすぎてしまった場合は、スミ入れ塗料を少し薄めて細い筆で流してやります。

大砲の砲尾のように細かなパーツが入り組んでいて拭き取りがやりにくいような箇所は、薄めたウエザリングカラーを流すだけでスミ入れ完了です。

明日はいよいよ仕上げて完成です。そろそろ次の作品の準備をしなければ行けませんね。締切は今月中ですから、もう間に合わないかも…(;^ω^)

(全作品完成まで あと109)

関連するコンテンツ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

« »