トップAFVドイツヴァッフェントレーガー(ボルジッヒ・ラインメタル) その2 履帯の組み立て

« »

ヴァッフェントレーガー(ボルジッヒ・ラインメタル) その2 履帯の組み立て

Category : AFV ドイツ

Scale : 1/35 Maker : サイバーホビー Post : 399-2


履帯の組み立て

連結組み立て式の履帯を作りました。最近のマジックトラックでは無いので、一つずつランナーから切り離して整形しなければならないので結構な手間でした。

詳しくはつづきをどうぞ…

履帯の組み立て

履帯をランナーから切り離してゲート跡と押し出しピンの跡を整形します。コマはアルデルト案を作ったときに片側103コマだったので、1つ余裕を見て104コマ用意しました。

連結ピンの頭が飛び出している向きが異なるため左右で切り出すパーツ番号が異なるので注意が必要です。

全部整形できたら、粘着力を弱めた両面テープの上にキッチリと並べます。並べ終ったらリモネン系の接着剤を流します。リモネン系を使うのは固まるのに時間がかかるのと、固まった時の接着力が強力だからです。

接着剤を流してから40分ほど待つと板ガムほどの堅さになるので、ゆっくりと半分に曲げて誘導輪に巻き付け、そのまま車体にはめます。そして最後は起動輪の場所で接着します。その際起動輪の歯に接着剤が付かない様に注意します。

巻き付けが終ったら指で形を整えます。このころにはかなり固まってきていますから、形を変えても簡単には戻りません。このまま一晩乾燥させます。

履帯は取り外せる

一晩置いて固まったら試しに外してみます。履帯はちゃんと形のまま固まってくれました。

外した履帯はそのままにしておくと接着剤の蒸発で縮んでしまうため、もう一度はめておきます。このまま一週間ははめっぱなしにしておけばもう縮まなくなると思います。

組み立て説明書の手順を無視して最初に足回りや履帯を組み立てるのは、この履帯の乾燥時間の間は塗装に入れない~なんですね。

(全作品完成まで あと103)

関連するコンテンツ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

« »