トップAFVドイツヴァッフェントレーガー(ボルジッヒ・ラインメタル) その5 追加工作、組み立て完了

« »

ヴァッフェントレーガー(ボルジッヒ・ラインメタル) その5 追加工作、組み立て完了

Category : AFV ドイツ

Scale : 1/35 Maker : サイバーホビー Post : 399-5


組み立て完了

本当なら前回の更新で組み立て完了なのですが、もともと試作だけして(もしかして設計だけかも)ボツになった車輌ですから、実戦に出るだけの装備はなにもありません。どうせサイバーホビーのポンコツキットですから、ここからは自分で好きにさせてもらいます(笑)。

詳しくはつづきをどうぞ…

砲塔バスケット

砲塔バスケット

これは追加工作ではなく、私が単に説明書を読み飛ばしていただけなのですが、戦闘室の床を作り忘れていました。でも説明書もなんだか見にくいんですよ…とイイワケ(+_+)\バキッ!

砲塔バスケットの組みたて

床とステーを先に接着しておいて、後から3箇所まとめて砲塔に接着しました。

車体の装備品の取り付け

車間表示灯

ジャンクパーツを漁ってそれらしいパーツを車体に取り付けます。

左後のフェンダーには車間表示灯を付けました。こう言うパーツは取っておくもんですね。色からしてタミヤでしょうかね、それともトライスターかな?

ヘッドライトとOVM

前にはヘッドライトとOVMを貼り付けました。ヘッドライトの電源コードはハンダ線です。

洗桿をスクラッチ

戦闘室の側面には洗桿を作って取り付けました。形やサイズはアルデルト案と同じにしました。

洗桿(せんかん)ってのは全部つないで長い棒にして主砲の砲身を掃除する道具なんですよ。

排気管のでっち上げ

排気管のでっち上げ

よくよく見るとこの車輌には排気管がありません。電気自動車じゃ無いのですからそんなはずはありません。おそらくリサーチを十分にしなかったか、しても分からなかったのかと思います。まさか、面倒だったから付けなかったってことは…中国のメーカーですからね、ありえるかも…ってまったく信用していませんね(爆)

無いわけはないパーツですから、適当にでっち上げることにしました。完全なねつ造ですが、どうせウソなら無いというウソよりも、違う物が付いているウソを選びますよ、私は。

立派な無線機が運転席にあるのですから、アンテナの基部も取り付けました。戦闘室の内壁のヘリにしようかとも思ったのですが、無線機が車体の前にあるので、その近くで戦闘室と干渉しなさそうな場所にしてみました。

これにて組み立て作業は完了です。ドラゴンのキットは工業製品としてはポンコツですが、元となった車輌はとてもカッコイイですね。アルデルト案よりも低くワイドなスタイルは強そうですし、なによりも全周を覆った戦闘室は安心感の固まりです。次はいよいよ塗装ですね。

(全作品完成まで あと109)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

« »

関連するコンテンツ