トップAFVドイツヴァッフェントレーガー(ボルジッヒ・ラインメタル) その9 足回りの仕上げと組みたて

« »

ヴァッフェントレーガー(ボルジッヒ・ラインメタル) その9 足回りの仕上げと組みたて

Category : AFV ドイツ

Scale : 1/35 Maker : サイバーホビー Post : 399-9


足回りの仕上げと組みたて

車体の下部や転輪、履帯などを仕上げて組み付けます。汚しは主にピグメントを使って汚します。

詳しくはつづきをどうぞ…

車体下部の汚し

車体下部の汚し

車体下部の汚し

この車輌では転輪がとても大きいので車体下部はほとんど見えません。それでも一応汚しをしておきます。

最初にMr.ウエザリングカラーのグランドブラウンでスミイレをしてから、モデルカステンのミリタリーピグメント等を粉の状態でまぶし、上からワイルダーのフィクサーをスポイトで垂らしてピグメントを固定しました。

さらにフィクサーが生乾きの上から粉のピグメントをまぶし、筆で縦方向にこすってぼかしました。

足回りの組み付け

pak43wtb_9_3

履帯はアクリル溶剤で溶いて泥状になったピグメントを塗りつけます。乾いたら堅めの筆でこすって余分を落としました。

転輪や起動輪などの車輪は薄めに溶いたピグメントを流し、こちらも乾いたら軽くこすって余分を落としました。

各パーツの汚しが完了したら、組み付けます。履帯はそれぞれの車輪に接着してしまいます。これで壊れる心配が少なくなります。やれやれです(;^ω^)

(全作品完成まで あと108)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

« »

関連するコンテンツ