トップ艦船超弩級戦艦大和 終焉時 その14 船体のスミイレと甲板の接着

« »

超弩級戦艦大和 終焉時 その14 船体のスミイレと甲板の接着

Category : 艦船

Scale : 1/700 Maker : フジミ Post : 402-14


甲板の接着

いよいよお楽しみの甲板の接着です。でもその前に船体部分だけスミイレを済ませました。木製甲板はスミ入れ塗料が染みこむと取れそうもありませんからね。必要以上に薄汚れてはいけませんから、甲板取り付け後はスミイレはできません。

詳しくはつづきをどうぞ…

スミ入れ

スミ入れ

クレオスのMr.ウエザリングカラーのグランドブラウンを使ってスミイレします。スミ入れ塗料を影になる部分に塗り、触っても取れないくらいまで乾かします。濡れた状態で拭き取ると全部取れちゃいます。

拭き取り

重力の方向に向かって専用溶剤を染ませた平筆で拭き取っていきます。結構頑張って拭き取ってもスジが残ります。これが海水や雨水が流れたような汚れとなって残ってくれます。

艦尾のスミ入れ

艦尾はゴチャゴチャしていて拭き取りがしにくい箇所がたくさんあります。そんなところは無理に拭き取るのではなく、拭き取りをしない前提で薄めたスミ入れ塗料を流すだけにします。

セメントで出来た航空甲板はすすけた感じになるようにスミ入れ塗料をぼかして残しています。

甲板の貼り付け

甲板の貼り付け


甲板のシートを貼ります。本当に木で出来ているんですね。リアルなはずです。木製甲板は薄い木の板をレーザー加工機を使って精密に切り抜いてくれています。さらに木のつなぎ目に相当するパターンはレーザーで焦げ目をつけることでつけてくれています。これがなかなか良い感じです。

木製甲板シートの裏側はノリの付いたシールになっていますので、保護を兼ねたビニールのシートを剥がして船体に貼るだけです。甲板上のモールドにピッタリ合うようにカットされていますから(前のホーサーリール部分だけダメでしたが)爪楊枝のおしり側で狭い箇所も押し込んでいけばピッタリと貼り付いてくれました。こんなに楽をさせてもらって後ろめたいくらいです(;^ω^)

(全作品完成まで あと107)

作品No.402の記事一覧

  1. 日本海軍・超弩級戦艦大和 終焉時 Op.402 (2016年7月23日)
  2. 超弩級戦艦大和 終焉時 その2 航空甲板の組みたて (2016年7月24日)
  3. 超弩級戦艦大和 終焉時 その3 艦橋の組み立て (2016年7月25日)
  4. 超弩級戦艦大和 終焉時 その4 中央構築物の組みたて(プラパーツ) (2016年7月26日)
  5. 超弩級戦艦大和 終焉時 その5 中央構築物のエッチングパーツ (2016年7月27日)
  6. 超弩級戦艦大和 終焉時 その6 木製甲板 (2016年7月29日)
  7. 超弩級戦艦大和 終焉時 その7 船体の組み立て  (2016年7月30日)
  8. 超弩級戦艦大和 終焉時 その8 対空武装の組み立て (2016年7月31日)
  9. 超弩級戦艦大和 終焉時 その9 クレーンとカタパルト (2016年8月1日)
  10. 超弩級戦艦大和 終焉時 その10 副砲の組み立て (2016年8月2日)
  11. 超弩級戦艦大和 終焉時 その11 組み立て完了 (2016年8月3日)
  12. 超弩級戦艦大和 終焉時 その12 塗装 (2016年8月4日)
  13. 超弩級戦艦大和 終焉時 その13 細部の塗り分け (2016年8月5日)
  14. 超弩級戦艦大和 終焉時 その14 船体のスミイレと甲板の接着 (2016年8月6日)
  15. 超弩級戦艦大和 終焉時 その15 構築物、砲塔の取り付け、デカール貼り (2016年8月7日)
  16. 超弩級戦艦大和 終焉時 その16 船体の手すり (2016年8月8日)
  17. 超弩級戦艦大和 終焉時 その17 艦載機と単装機銃 (2016年8月9日)
  18. 日本帝国海軍・超弩級戦艦大和 終焉時 その18 完成!! (2016年8月10日)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

« »

関連するコンテンツ