トップAFVドイツティーガー1初期生産型(フルインテリア) その10 機関室の組み立て

« »

ティーガー1初期生産型(フルインテリア) その10 機関室の組み立て

Category : AFV ドイツ

Scale : 1/35 Maker : ライフィールドモデル Post : 410-10


機関室の組み立て

またしてもおかしな処にピントが合ってしまっていますが、今回の工作は機関室の組み立てです。エンジンやラジエターだけでなく燃料タンクもちゃんと再現されています。

詳しくはつづきをどうぞ…

ショックアブソーバー

リアのショックアブソーバー

リアのショックアブソーバーを取り付けます。左右共に第8転輪(一番後の転輪)に付いているのですが、左右非対称なのでこんなに取り付け位置が異なるんですね。

燃料タンク

燃料タンク

続いて燃料タンクの取り付けです。取り付けと言っても接着してしまうと塗装がやりにくくなるので、仮置きしているだけです。

燃料タンクは再度ポンツーンの上の三角だけでなく、機関室内部に張り出すようにその下にも付けられています。下の燃料タンクはショックアブソーバーを避けるように斜めに切り取られています。逆に言えば、空いた隙間は全部燃料タンクになっているとも言えます。

エンジンとラジエター

エンジンとラジエター

エンジンとラジエターを組みたてました。塗り分け作業があるので、完全には接着していません。ラジエターも冷却ファンも左右で形が微妙に異なりますから、トリル蹴る際には注意が必要ですね。

後部装甲板と車体の天板

後の装甲板

後の装甲板を仮り組みします。かなり目立つ押し出しピンの痕があるので、パテで埋めて整形しました。後の装甲板に付く補機類も取り付けました。

ケーニヒスティーガーやパンターのエンジンを作ったときには冷却水のパイプがエンジンの周囲をぐるりと巻いていました。でもキットにはそれらしいパーツは入っていません。同じマイバッハHL230エンジンなんですよね。

車体天板裏側

少し調べてみたら、どうやらティーガー1ではその後に作られたパンターやケーニヒスティーガーとは冷却水の取り回しが異なるようです。省略されたパーツをどうするかは悩むところですね。

説明書では燃料タンクの上に冷却用の空気を流す部分を取り付ける様になっているのですが、これは車体の天板側に取り付けました。この方が自然ですね。

機関室の塗装をする前に、車体の一番前の部分がまだ作っていないので、先にその部分の組み立てをします。そこまで出来たらまとめて塗装します。

(全作品完成まで あと107)

作品No.410の記事一覧

  1. ティーガー1初期生産型(フルインテリア) Op.410 制作開始 (2016年11月30日)
  2. ティーガー1初期生産型(フルインテリア) その2 サスペンションと運転席の組み立て (2016年12月2日)
  3. ティーガー1初期生産型(フルインテリア) その3 駆動装置と戦闘室の組み立て (2016年12月3日)
  4. ティーガー1初期生産型(フルインテリア) その4 機関室隔壁の組み立て (2016年12月4日)
  5. ティーガー1初期生産型(フルインテリア) その5 車体内部の塗装 (2016年12月6日)
  6. ティーガー1初期生産型(フルインテリア) その6 インテリア細部の塗分け (2016年12月7日)
  7. ティーガー1初期生産型(フルインテリア) その7 無線機と計器板の塗り分け、スミ入れ (2016年12月9日)
  8. ティーガー1初期生産型(フルインテリア) その8 砲弾 (2016年12月10日)
  9. ティーガー1初期生産型(フルインテリア) その9 機関銃の銃弾ケース (2016年12月11日)
  10. ティーガー1初期生産型(フルインテリア) その10 機関室の組み立て (2016年12月13日)
  11. ティーガー1初期生産型 その11 前面装甲板の組み立て (2016年12月14日)
  12. ティーガー1初期生産型(フルインテリア) その12 機関室の塗装 (2016年12月16日)
  13. ティーガー1初期生産型(フルインテリア) その13 前面装甲板内側の塗装 (2016年12月17日)
  14. ティーガー1初期生産型(フルインテリア) その14 エンジンの塗装 (2016年12月20日)
  15. ティーガー1初期生産型(フルインテリア) その15 機関室の追加工作 (2017年1月26日)
  16. ティーガー1初期生産型(フルインテリア) その16 機関室の仕上げ (2017年1月29日)
  17. ティーガー1初期生産型(フルインテリア) その17 居室の仕上げ (2017年2月2日)
  18. ティーガー1初期生産型(フルインテリア) その18 車体後部の組み立て (2017年2月5日)
  19. ティーガー1初期生産型(フルインテリア) その19 車輪の組み立て (2017年2月11日)
  20. ティーガー1初期生産型(フルインテリア) その20 エンジンデッキの組み立て (2017年2月12日)
  21. ティーガー1初期生産型(フルインテリア) その21 OVM等の組み立て (2017年2月13日)
  22. ティーガー1初期生産型(フルインテリア) その22 車体側面の組み立て (2017年2月14日)
  23. ティーガー1初期生産型(フルインテリア) その23 主砲の組み立て (2017年2月16日)
  24. ティーガー1初期生産型(フルインテリア) その24 砲塔バスケットの組み立て (2017年2月18日)
  25. ティーガー1初期生産型(フルインテリア) その25 砲塔内壁 (2017年2月24日)
  26. ティーガー1初期生産型(フルインテリア) その26 砲塔天板内側の組み立て (2017年2月25日)
  27. ティーガー1初期生産型(フルインテリア) その27 主砲(砲尾)の塗装 (2017年3月18日)
  28. ティーガー1初期生産型(フルインテリア) その28 砲塔内部の塗装 (2017年3月19日)
  29. ティーガー1初期生産型(フルインテリア) その29 砲塔内部の仕上げ (2017年5月4日)
  30. ティーガー1初期生産型(フルインテリア) その30 砲塔の組み立て (2017年5月8日)
  31. ティーガー1初期生産型(フルインテリア) その31 スモークディスチャージャーのディテールアップ (2017年5月9日)
  32. ティーガー1初期生産型(フルインテリア) その32 サフ吹き、影吹きと… (2017年5月10日)
  33. ティーガー1初期生産型(フルインテリア) その33 塗装 (2017年5月12日)
  34. ティーガー1初期生産型(フルインテリア) その34 デカール貼りと細部の塗分け (2017年5月15日)
  35. ティーガー1初期生産型(フルインテリア) その35 スミ入れ (2017年5月16日)
  36. ティーガー1初期生産型(フルインテリア) その36 足回りの汚しと組み立て (2017年5月17日)
  37. ティーガー1初期生産型(フルインテリア) その37 履帯の組み立て (2017年5月20日)
  38. ティーガー1初期生産型(フルインテリア) その38 履帯の塗装 (2017年5月21日)
  39. ティーガー1初期生産型(フルインテリア) その39 OVMの仕上げと雨だれ (2017年5月23日)

“ティーガー1初期生産型(フルインテリア) その10 機関室の組み立て” への4件のフィードバック

  1. 今晩は根性さん。

    先日はコメントを頂き有難う御座いましたハンスです。
    いや~~~凄いスピードで製作が進んでいますね!羨ましい~~~っ!
    これからは根性さんの製作を参考にさせて頂きます。
    (コメントの入れ方が解らずこれは二回目です・・・汗)

    • 根生 根生 より:

      ハンスシーバーさん、こんにちは。
      コメントありがとうございます。
      前のコメントもちゃんと入ってましたよ。
      スパム対策でこちらでチェックしないと表示されないようになっています。なんだかややこしくてすみません。
      こちらこそ色々と参考にさせてください。宜しくお願いします。

  2. tomboy07 より:

    根生さん

    今晩は。

    お調べになってお気づきと思いますが、ティーガーはラジエーターが左右に各1基の計2基、対してパンタ、ケーニヒスティーガーは左右2基、計4基なので冷却水パイプの取り回しが違ったものと思います。
    同じHL230ですが、パンターのエンジンはHL230P30、ティーガーはHL230P45と形式名が違っています。
    でも、パンターとケーニヒスティーガーのエンジンは同じ形式名ですが。冷却水パイプの取り回しは、同じではないんですよね。

    • 根生 根生 より:

      tomboy07さん、こんにちは。情報ありがとうございます。
      そうですね、キングタイガーとかはラジエターがファンの前後にあって数が多いんですよね。エンジンは基本部分はそっくりなんですが、やっぱり型番は違うんですね。よく見ると細かな部分が違ってるみたいですね。
      冷却水のパイプなどは調べればかなり詳しく分かるのですが、上から見える範囲でそれらしくなるように追加工作するつもりです。エンジンを据え付けてしまってあるので、奥の方はすでに作業できませんしね。パイプを付けてからエンジンを付けるとなると、かなりタイトで壊してしまいそうなので、先に据え付けてしまいました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

« »

関連するコンテンツ