トップAFVドイツティーガー1初期生産型(フルインテリア) その16 機関室の仕上げ

« »

ティーガー1初期生産型(フルインテリア) その16 機関室の仕上げ

Category : AFV ドイツ

Scale : 1/35 Maker : ライフィールドモデル Post : 410-16


機関室の仕上げ

追加工作で作った機関室内部の冷却パイプなどを塗装して仕上げました。また冷却ファンの駆動装置などに関して読者のtomboy07さんから資料をご提供しただいたので、それを元に作り変えました。

詳しくはつづきをどうぞ…

冷却ファンの最終減速装置

冷却ファンの最終減速装置

以前作ったケーニヒスティーガーでは冷却ファンの最終減速装置はエンジンの中央に付いていたので、ティーガー1でも同じ様かと思い、リアのパネルに付けたパーツをそうだと勘違いしていました。

ところが読者のtomboy07さんからの情報で最終減速装置はラジエターとの隔壁に直接付いていることが判明しました。その時ご提供いただいた写真を参考にプラ棒などでそれらしく作ってみました。


この減速装置からエンジンに向かってドライブシャフトが伸びているんでしょうが、エンジン側の取り付け位置がまったく分かりません。またこのあたりに付けた冷却水のパイプと干渉します。結局しかたがないのでドライブシャフトは付けないことにしました。まぁ、冷却水のパイプであまり見えないんですよね。そのために実車の写真を見ても見えません。まぁ、これで良いことにしてしまいます。

エアフィルター

エアフィルターの開口

tomboy07さんの写真を見ると、エアフィルターの端に空気を取り入れるための穴が空いていることが分かりました。見てしまったものは無視することもできませんので、バードリルで穴を開けておきました。


冷却水パイプ

冷却水パイプにジョイントを追加

冷却水パイプにジョイントを追加します。ゴムの部分には幅広の(と言っても3mm幅程度)マスキングテープを貼り、その上から金属製のバンドに見立ててた細切りのマスキングテープを貼りました。

左右の冷却パイプをつなぐくねくね曲がったパイプは形がグチャグチャになってしまったので、真鍮線で作り直しました。


追加工作部分の塗装

追加工作パーツの塗装

追加工作をした部分を塗装して仕上げます。金属やマスキングテープのパーツにはガイアのマルチプライマーを塗ってから塗装します。

排気管はマホガニーで塗ってからさび色のピグメントを塗って仕上げました。各パイプはメタルカラーのアイアン、ジョイントのゴム部分はつや消し黒、金属製のバンドは銀で塗装です。


後ろの装甲板

後ろの装甲板

機関室内部が完成したので後ろの装甲板を接着しました。パーツが多く少しタイトですが、位置をしっかりと合わせて接着しました。

下の装甲板との接合部分は溶接されているのですが、溶接部分との間にほんの少しだけ隙間が空いたので、ここはヒートペンを使って実際にプラ同士を溶接して密着させました。


(全作品完成まで あと107)

作品No.410の記事一覧

  1. ティーガー1初期生産型(フルインテリア) Op.410 制作開始 (2016年11月30日)
  2. ティーガー1初期生産型(フルインテリア) その2 サスペンションと運転席の組み立て (2016年12月2日)
  3. ティーガー1初期生産型(フルインテリア) その3 駆動装置と戦闘室の組み立て (2016年12月3日)
  4. ティーガー1初期生産型(フルインテリア) その4 機関室隔壁の組み立て (2016年12月4日)
  5. ティーガー1初期生産型(フルインテリア) その5 車体内部の塗装 (2016年12月6日)
  6. ティーガー1初期生産型(フルインテリア) その6 インテリア細部の塗分け (2016年12月7日)
  7. ティーガー1初期生産型(フルインテリア) その7 無線機と計器板の塗り分け、スミ入れ (2016年12月9日)
  8. ティーガー1初期生産型(フルインテリア) その8 砲弾 (2016年12月10日)
  9. ティーガー1初期生産型(フルインテリア) その9 機関銃の銃弾ケース (2016年12月11日)
  10. ティーガー1初期生産型(フルインテリア) その10 機関室の組み立て (2016年12月13日)
  11. ティーガー1初期生産型 その11 前面装甲板の組み立て (2016年12月14日)
  12. ティーガー1初期生産型(フルインテリア) その12 機関室の塗装 (2016年12月16日)
  13. ティーガー1初期生産型(フルインテリア) その13 前面装甲板内側の塗装 (2016年12月17日)
  14. ティーガー1初期生産型(フルインテリア) その14 エンジンの塗装 (2016年12月20日)
  15. ティーガー1初期生産型(フルインテリア) その15 機関室の追加工作 (2017年1月26日)
  16. ティーガー1初期生産型(フルインテリア) その16 機関室の仕上げ (2017年1月29日)
  17. ティーガー1初期生産型(フルインテリア) その17 居室の仕上げ (2017年2月2日)
  18. ティーガー1初期生産型(フルインテリア) その18 車体後部の組み立て (2017年2月5日)
  19. ティーガー1初期生産型(フルインテリア) その19 車輪の組み立て (2017年2月11日)
  20. ティーガー1初期生産型(フルインテリア) その20 エンジンデッキの組み立て (2017年2月12日)
  21. ティーガー1初期生産型(フルインテリア) その21 OVM等の組み立て (2017年2月13日)
  22. ティーガー1初期生産型(フルインテリア) その22 車体側面の組み立て (2017年2月14日)
  23. ティーガー1初期生産型(フルインテリア) その23 主砲の組み立て (2017年2月16日)
  24. ティーガー1初期生産型(フルインテリア) その24 砲塔バスケットの組み立て (2017年2月18日)
  25. ティーガー1初期生産型(フルインテリア) その25 砲塔内壁 (2017年2月24日)
  26. ティーガー1初期生産型(フルインテリア) その26 砲塔天板内側の組み立て (2017年2月25日)

“ティーガー1初期生産型(フルインテリア) その16 機関室の仕上げ” への2件のフィードバック

  1. 今晩は根性さん。

    いや~貴重な情報ですね~作業が大変だったのでは?
    私は既に装甲板を接着してしまったので今回はパスですね・・・(汗)

    ドライブシャフトのエンジン側接続部はな~~~んと
    アカデミーの製品にパーツが付いています。

    二台目は私もちゃんと再現したいです。
    無理かな・・・

    • 根生 根生 より:

      ハンスシーバーさん、こんにちは。コメントありがとうございます。

      まぁ、なんちゃってで作ってますからそれほど大変じゃなかったです。それよりもこの減速機とエンジンがどう繋がっているのかが気になります(;^ω^)
      プラモは作るたびに今度はこうしようとかああしようとか思いますよね。永遠に未完成です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

« »

関連するコンテンツ