トップAFVドイツティーガー1初期生産型(フルインテリア) その18 車体後部の組み立て

« »

ティーガー1初期生産型(フルインテリア) その18 車体後部の組み立て

Category : AFV ドイツ

Scale : 1/35 Maker : ライフィールドモデル Post : 410-18


車体後部の組み立て

車体後部の装甲板とそれに付く排気管やその他のパーツを組みたてました。

詳しくはつづきをどうぞ…

後部装甲板の組み立て

車体後部装甲板に付く様々な機器を組み立てました。初期型のティーガー1はこの位置に大きなエアフィルターが付くのですが、今回作る車輌では取り外されてしまっています。その代りそこには大きめの雑具箱とジェリカンラックが取り付けられています。ジェリカンラックは強度が欲しかったのでハンダ付けで組みたてました。


車体後部の組み立て

赤丸で囲ったところには向かって右側には棒状のOVM(エンジン始動用のクランクかな?)が付きます。また左側は履帯交換用道具が入った道具箱が付きます。パーツはランナーにあるのですが、塗装図などでこのパーツは付けられていないので穴を埋めておきました。

後のフェンダーは説明書では付けるように書かれていないのですが、その後の説明書ではしれっと付いているので、取り付けておきました。


(全作品完成まで あと107)

作品No.410の記事一覧

  1. ティーガー1初期生産型(フルインテリア) Op.410 制作開始 (2016年11月30日)
  2. ティーガー1初期生産型(フルインテリア) その2 サスペンションと運転席の組み立て (2016年12月2日)
  3. ティーガー1初期生産型(フルインテリア) その3 駆動装置と戦闘室の組み立て (2016年12月3日)
  4. ティーガー1初期生産型(フルインテリア) その4 機関室隔壁の組み立て (2016年12月4日)
  5. ティーガー1初期生産型(フルインテリア) その5 車体内部の塗装 (2016年12月6日)
  6. ティーガー1初期生産型(フルインテリア) その6 インテリア細部の塗分け (2016年12月7日)
  7. ティーガー1初期生産型(フルインテリア) その7 無線機と計器板の塗り分け、スミ入れ (2016年12月9日)
  8. ティーガー1初期生産型(フルインテリア) その8 砲弾 (2016年12月10日)
  9. ティーガー1初期生産型(フルインテリア) その9 機関銃の銃弾ケース (2016年12月11日)
  10. ティーガー1初期生産型(フルインテリア) その10 機関室の組み立て (2016年12月13日)
  11. ティーガー1初期生産型 その11 前面装甲板の組み立て (2016年12月14日)
  12. ティーガー1初期生産型(フルインテリア) その12 機関室の塗装 (2016年12月16日)
  13. ティーガー1初期生産型(フルインテリア) その13 前面装甲板内側の塗装 (2016年12月17日)
  14. ティーガー1初期生産型(フルインテリア) その14 エンジンの塗装 (2016年12月20日)
  15. ティーガー1初期生産型(フルインテリア) その15 機関室の追加工作 (2017年1月26日)
  16. ティーガー1初期生産型(フルインテリア) その16 機関室の仕上げ (2017年1月29日)
  17. ティーガー1初期生産型(フルインテリア) その17 居室の仕上げ (2017年2月2日)
  18. ティーガー1初期生産型(フルインテリア) その18 車体後部の組み立て (2017年2月5日)
  19. ティーガー1初期生産型(フルインテリア) その19 車輪の組み立て (2017年2月11日)
  20. ティーガー1初期生産型(フルインテリア) その20 エンジンデッキの組み立て (2017年2月12日)
  21. ティーガー1初期生産型(フルインテリア) その21 OVM等の組み立て (2017年2月13日)
  22. ティーガー1初期生産型(フルインテリア) その22 車体側面の組み立て (2017年2月14日)
  23. ティーガー1初期生産型(フルインテリア) その23 主砲の組み立て (2017年2月16日)
  24. ティーガー1初期生産型(フルインテリア) その24 砲塔バスケットの組み立て (2017年2月18日)
  25. ティーガー1初期生産型(フルインテリア) その25 砲塔内壁 (2017年2月24日)
  26. ティーガー1初期生産型(フルインテリア) その26 砲塔天板内側の組み立て (2017年2月25日)

“ティーガー1初期生産型(フルインテリア) その18 車体後部の組み立て” への6件のフィードバック

  1. tomboy07 より:

    根生さん

    今晩は。

    キットの組立説明書は箱絵の321号車に合わせているようですが、少し違っている所があります。
    http://yahoo.jp/box/xMFGjn
    排気弁は説明書通りに作るとヒンジが内側になり、後方から見た時八の字型になりますが、写真では外側になっていて、後方から見た時、逆八の字型になります。
    ちょうど説明書の左右が反対になる格好です。
    また、履帯交換工具箱は付いています。

    砲塔の工作で砲塔前端に直接照準器の照星を付けるようになっていますが(手順11)321号車には付いていません。

    • 根生 根生 より:

      tomboy07さん、こんにちは。情報ありがとうございます。
      なんと説明書が違ってるんですね。こりゃまいりました。
      さっそく直さないと(;´Д`)
      下の方のダボ穴に付く工具も実際には付いているんでしょうかね?気になります。

  2. tomboy07 より:

    根生さん

    お返事が遅れました。
    >>下の方のダボ穴に付く工具も実際には付いているんでしょうかね?
    http://yahoo.jp/box/KroGqF
    実際にも付いていないようです。

    • 根生 根生 より:

      ありがとうございます。
      付けないでおきます。

      • tomboy07 より:

        根生さん

        次は砲塔の工作になると思いますが、参考資料がありましたのでお送りします。
        標準では砲塔バスケットの床面にテトラの消火器が置かれていますが、キットでは省略されています。
        http://yahoo.jp/box/7o17_w
        なぜか台座らしき物はあります。
        床面四角の隣の長方形の出っ張りです。

        塗装指示の抜けもあります。
        同じ床面にジェリカンが置かれていますが、これは飲料水用ですので白十字が必要です。
        http://steiner.web.fc2.com/uni/afv/a019/a-019.html
        ご承知でしたらお聞き流し下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

« »

関連するコンテンツ