トップ艦船日本海軍・航空母艦赤城 その2 飛行甲板の組み立て

« »

日本海軍・航空母艦赤城 その2 飛行甲板の組み立て

Category : 艦船

Scale : 1/700 Maker : フジミ Post : 413-2


飛行甲板の組み立て

今回は飛行甲板の組み立てです。艦船模型の甲板は複雑なマスキングによる塗り分けや、大きなデカールを貼ったりと、なかなか面倒が多い部分なのですが、このキットではそこをサクッと済ませられます。

詳しくはつづきをどうぞ…

飛行甲板の組み立て

飛行甲板の組み立て

飛行甲板は木の部分と鉄の部分が最初から別のパーツで用意されています。そのためパチパチとはめていくだけで、キレイに塗り分けられた(塗ってませんがwww)飛行甲板ができあがります。

飛行甲板裏側

裏側も組みたてます。階段や短い柱などを取り付けます。

裏側には木の色の甲板パーツを取り付けたダボが見えます。これは軍艦色の小さな丸いシールを貼る事で隠すことができます。今回は貼りませんけどね。


飛行甲板の取り付け

飛行甲板の取り付け

飛行甲板を取り付けます。たくさんの柱を同時に位置合わせしなくてはいけないのでなかなか大変です。パチ組用の少しキツメのダボではとても完全に合わせるのは大変です。それでぶかぶかになるように削ったんですね。おかげですんなりと行きました。少しゆるいところは塗装後に接着です。

甲板のシール貼り

飛行甲板の組み立て

キットに付属のシールを貼ってみます。成形色と合わせてはあるのですが、微妙に色が違うので、よく見ると分かるのですが、気にしなければ良い感じです。

塗る前に貼っちゃって・・・と心配されるかと思いますが、大丈夫です。ちゃんとデカールも一式入っていますから、シールは塗装前に剥がして捨てちゃいます。私は最終的には塗装とデカールで仕上げるつもりです。


(全作品完成まで あと107)

関連するコンテンツ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

« »