トップ艦船日本海軍・航空母艦赤城 その7 塗装組み立て完了

« »

日本海軍・航空母艦赤城 その7 塗装組み立て完了

Category : 艦船

Scale : 1/700 Maker : フジミ Post : 413-7


塗装・組み立て完了

艦橋やマスト、アンテナなどを塗装して取り付けます。これで全部のパーツが元通り組み付けられました。空母赤城の組み立てが完了です。

詳しくはつづきをどうぞ…

艦橋

艦橋

小さな空母の艦橋です。まとめて塗装するのですが、手順は同じで、影色、暗色、基本色の順で吹いています。このような凸凹の多いパーツにはさらに有効ですね。


艦橋

艦橋の窓はツヤ有りの黒で塗装します。少し薄めに溶いて流すように塗ります。乾いたら窓枠を筆塗りでリタッチしてできあがりです。

飛行甲板の下にも窓があります。こちらも同じ様に塗っておきます。それにしても少しはみ出していますね。直しておかないと…(;^ω^)


各部の組み立て

艦首のマストボート艦尾の標識

艦首のマストなど細かなパーツを塗装して取り付けます。


舷側に吊られたボートも今度は塗装で塗り分けて取り付けました。

艦尾には信号機のような標識灯があります。塗装指示が特に書かれているわけじゃないので、ネットで探した画像を参考に塗り分けています。ただなんとなく形が違うような…よく分かりません(;^ω^)

デカールの下地づくり

デカールの下地づくり

飛行甲板に引かれたラインはデカールで再現します。キットにはお手軽なシール以外に本格的なデカールも入っているので、慣れた方はこちらを使った方がよりリアルです。そんなわけで、甲板はデカールをキレイに貼るためにツヤ有りのクリアを前面に吹いてテカテカにしておきました。このまま丸1日十分に乾かしてからデカールを貼ることにします。

(全作品完成まで あと107)

関連するコンテンツ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

« »