トップAFV大日本帝国日本陸軍・4式軽戦車ケヌ Op.415 制作開始

« »

日本陸軍・4式軽戦車ケヌ Op.415 制作開始

Category : AFV 大日本帝国

Scale : 1/35 Maker : ドラゴン Post : 415-1


日本陸軍・4式軽戦車ケヌ 1/35 ドラゴン

非力で力不足となった95式軽戦車の車体に、同じく改装や自走砲への転用で不要となった97式中戦車の砲塔を無理やり乗せたのが4式軽戦車ケヌです。

4式というのは皇紀2604年に配備された戦車ということなのですが、2604年はもう大戦末期の1944年のことです。そのため4式軽戦車はほんのわずかしか完成せず、本土防衛に少数が配備されたそうです。沖縄以外では本土での陸上戦は行われなかったので、結局4式軽戦車は実戦には投入されずに終りました。まぁ、結構なレアアイテムってことですね。

キットはドラゴンの1/35です。最近のキットらしくパーツのモールドは繊細ですばらしく、なかなかの前評判のようです。スマートキットと付けられているとおり組みやすさも期待できます。さらに初回限定ボーナスパーツとして竹一郎原型の素晴らしいフィギュアも付属しています。ではさっそく製作にかかりましょう。

転輪

転輪の組み立て

転輪を組みたてます。中央部分にエッチングパーツを貼るのですが、これが形の違うパーツを2枚合わせるようになっています。あまり分かりにくい位置ですが、結構こだわってますね。

転輪の周囲にあるボルトには緩み止めの針金が縛られているのですが、それまでちゃんとモールドされています。ドラゴンのこういう所は好きですね。


サスペンション

サスペンションの組み立て

リンク機構で作られたサスペンションは上手く作れば可動式に作れるかも知れませんが、私は固定してしまいました。ただ好きな位置で固定できるので、ジオラマなどで地面の凹凸に合わせて角度を変えることはできます。


足回りの組み立て

車輪を全部仮止めしてみました。細かな箇所までキッチリと再現されており、さらに作りやすく、さすがはスマートキットですね。


車体後部

車体後部の組み立て

ついでに車体後部も組みたてておきました。ナンバープレートのような板は何なのでしょうね?塗装図を見ても車体と同じ色で塗られているだけです。でもやっぱりナンバープレートでしょうかね。


(全作品完成まで あと107)

関連するコンテンツ

“日本陸軍・4式軽戦車ケヌ Op.415 制作開始” への2件のフィードバック

  1. tomboy07 より:

    根生さん

    お早うございます。

    「ナンバープレートのような板」
    お考えのようにナンバープレートのようです。
    製造番号でないかと思いますが、地色は黒のようです。
    95式軽戦車ですが、ケヌも同じと思われます。http://yahoo.jp/box/wQmiRn
    余談ですが、海軍の使用車は星の部分が錨になっていました。
    http://yahoo.jp/box/KHjqmD

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

« »