トップ飛行機救難飛行艇US-2 その3 機体下面の塗装

« »

救難飛行艇US-2 その3 機体下面の塗装

Category : 飛行機

Scale : 1/144 Maker : アオシマ Post : 417-3


機体下面の塗装

いよいよ塗装に入ります。US-2は機体の上面がブルー、下面が明るいグレーのツートンカラーです。まずは下面を塗装します。

詳しくはつづきをどうぞ…

フロントウインドウのマスキングと窓枠の塗装

フロントウインドウのマスキング

塗装に入る前にフロントウインドウをマスキングします。小さく切ったマスキングテープを貼り合わせて形を作っていきます。大きなスケールならいいのですが、1/72ではなかなか大変です。

フロント以外の小窓は接着しないで塗装を進め、塗装後に取り付けます。窓の穴から機内に塗料が入りますが、暗くてまったく見えないので大丈夫です・・・タブンネ。

窓枠の塗装とマスキング

窓枠部分をつや消し黒で塗装し、今度は窓枠ごと全体をマスクしてしまいます。これで機体の塗装の準備が完了です。

サーフェイサーを吹きます

サフ吹き

サーフェイサーを吹きます。サーフェイサーはクレオスのファインサーフェイサー1200番を使いました。なるべく表面をツルツルに仕上げたかったので、脇(というのか?)の奥の方とかを吹くときはなるべくブラシを近づけ、薄めに溶いて吹きました。まだまだ駆け出しもでらーだった頃、この部分をサフでザラザラにしてしまったことがあります。目立たない所とは言え、ここは注意しなくてはね。

下面の塗装

機体下面の塗装

下面を塗装します。あまりサフと変わり映えしませんね。色は説明書の指定色のMr.カラー315番です。この色は光沢と瓶に書かれているとおり、結構ツヤがあります。

フロートやプロペラの塗装

フロートやプロペラも塗装します。プロペラは説明書に塗装の指示がされていないのですが、機体下面と同じだから敢えて書かれていないって感じがするので、一緒に塗ってしまいました。

このまま十分乾燥させてからマスキングをして機体の上面を塗装します。

(全作品完成まで あと106)

関連するコンテンツ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

« »