トップAFVドイツドイツ・2号戦車G型 その2 組み立てと塗装

« »

ドイツ・2号戦車G型 その2 組み立てと塗装

Category : AFV ドイツ

Scale : 1/35 Maker : タミヤ Post : 1-2


ドイツ・2号戦車G型とドイツアフリカ軍団のフィギュア

ドイツ・2号戦車G型とドイツアフリカ軍団のフィギュア

さて、拡大鏡を手に入れていそいそと製作を続けること1週間。まぁ、毎日しているわけじゃないのでまずまずのペースかと思います。本当はスプレーで迷彩塗装をするのですが、マスキングが面倒なのと、夜中に部屋の中で作業をしているので、筆で迷彩柄を書きました。ろうそくでランナー(プラモの部品が付いている枝)を伸ばしてアンテナを作り、そして最後は人形の塗装です。さあ、ここで拡大鏡の出番です。

この2号戦車というのは、第二次世界大戦でドイツ軍が破竹の快進撃を見せた開戦直後の主力戦車で、ポーランド進行などの電撃作戦をした時の戦車の約半数がこのちっこい2号戦車だったそうです。(と説明書に書いてありました。)あのカッコイイ、タイガー戦車はドイツが負け始めてからの戦車なんですね。 とまあ、大人ですから、ちゃんと説明書を読んで、歴史的背景も理解した上で戦車を作ります。と言ってもどこにどう反映されているのか疑問ですが・・・(+_+)\バッキッ!

そしてついに完成です。作品第1号です。タイトルにある『Op.1』とは作品1号という意味です。半そで半ズボンのアフリカ軍団の兵隊さんもちゃんと作りました。 最初、顔は肌色でべた塗りだったのですが、目がないとなんか表情がないので、拡大鏡をたよりに白目と黒目を描いてみました。でも、どうしても目が大きくなっちゃって、まるで『ケント・デリカットだよ~』って感じです。まぁ、これもご愛嬌かな。作品1ということで・・・・

(全作品完成まで あと37)

関連するコンテンツ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

« »