トップAFVドイツBMW R75/ツェンダップKS750 その3 BMW R75のライダーの制作

« »

BMW R75/ツェンダップKS750 その3 BMW R75のライダーの制作

Category : AFV フィギュア ドイツ

Scale : 1/35 Maker : イタレリ Post : 15-3


人形<の制作

BMW R75のライダー

BMW R75のライダー

人形の製作です。ライダーの人形は片足をついてバイクを止め、地図を広げて見ているというこったポーズのものです。タミヤの人形に比べて、モールドが深く、クッキリしており、ベルトやボタンなどは大変塗りやすくなっていました。装備品の水筒や飯ごうも大変精密に出来ており、水筒には水筒をぶら下げるベルトを水筒本体に止める部分もモールドされていたり、飯ごうのぶら下げるための金具もしっかりとモールドされています。

モールドがクッキリしており、また精密感があるため、ドライブラシをするとディテールがすごくはっきり出ます。この人形は大変すばらしいものです。また、手がちぃっちゃいのもいいですね。タミヤの人形はなんとなく手が大きいような気がしていました。こぶしが頭ぐらいあると言うと大げさになりますが、実際の人間よりも手が大きいような気がしていました。このイタレリの人形の手は良い感じの大きさです。

キットには地図は入っていなかったので、インターネットで適当な地図の絵をダウンロードし、人形が持つのにちょうどいいくらいの大きさに縮小してプリントしました。これを何度もたたんで、折り目を付けてから木工ボンドで手に接着しました。そして装備品の接着ですが、いつものように木工ボンドで体のあちこちに貼り付けていきました。

ライフルのストラップのディテールアップ

bmw_2

最後にライフル銃を背中に背負うのですが、体にはライフル銃のストラップがモールドされています。しかし、さすがに体に付けられたモールドですから、銃には届いていません。これが結構目立つ場所にあります。最初はストラップのモールドを全部削り取って、ライフルに別のストラップを付けて肩から掛けようと思ったのですが、モールドを削って、その下の服を再現するのはとても出来そうにないので、あきらめました。その代わりに、ストラップがちょうど肩から離れるあたりから削り取って、そこに鉛の薄板で作ったストラップを接着しました。これでずっとよくなりました。

これで1台完成です。次はツェンダップの製作ですね。

(全作品完成まで あと30)

関連するコンテンツ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

« »