« »

ドイツ・8輪重装甲車 Sd.kfz.243/3 シュトゥメル その7 仕上げ

Category : AFV ドイツ

Scale : 1/35 Maker : タミヤ(イタレリ) Post : 28-7

Sd.kfz.234/3 シュトゥメルの仕上げ

Sd.kfz.234/3 シュトゥメルの仕上げ

Sd.kfz.234/3 のウオッシングとドライブラシです。2色迷彩のコントラストが少しきつい感じがするのですが、ウオッシングをして全体にトーンが落ちればそれなりになるのを期待します。イタレリのキットは細かいパーツが小さな断面で接着されているので、ウオッシングの時は溶剤でプラスチックや接着部分を侵さないように細心の注意をはらいます。それまで鮮やかだった車体が、くすんで戦闘車輛らしくなりました。どうやら迷彩のコントラストも落ち着いたようです。

次はドライブラシ。迷彩のある部分もお構いなしにいきました。後で凹部分にパステルを入れますので、凸部だけを集中的にハイライトで塗っていきます。ダークイエローから初めて、ホワイトに限りなく近い色まで4段階です。ただし、車体下部は3段階で、一番明るい色はしませんでした。

そしてタミヤウエザリングマスターで汚したタイヤを接着します。この Sd.kfz.234/3 は 232 に比べて、ずいぶん大きなタイヤが付いています。ホイルベースが全く同じことを考えるとちょっと面白いのですが、装甲を厚くした分だけ車重が増えたためにタイヤが大きくなったのじゃないかと思います。そしてその結果 234/3 はタイヤだらけの感じがします。ずいぶん印象が違うものですね。

(全作品完成まで あと21)

関連するコンテンツ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

« »