トップAFVドイツキューベルワーゲン・ロンメル野戦指揮 その5 車両の仕上げと人形の組み立て開始

« »

キューベルワーゲン・ロンメル野戦指揮 その5 車両の仕上げと人形の組み立て開始

Category : AFV フィギュア ドイツ

Scale : 1/35 Maker : タミヤ Post : 42-5


車輛の仕上げ

キューベルワーゲン チッピングとパステルワーク

キューベルワーゲン チッピングとパステルワーク

キューベルワーゲン本体の完成です。エンジン整備セットに片方のタイヤを外した状態を再現するパーツが入っていたのでやってみました。しかし、エンジン整備セットに入っていた外したタイヤはノーマルタイヤだったので、キューベルワーゲンキットに付属のバルーンタイヤを外した状態に加工する必要がありました。横っちょにころがっているのがこれです。

キットに付属のタイヤは最終減速ギアのケースがタイヤにくっついてモールドされているのですが、これを切り取りました。そしてタイヤをとめるボルトの頭を削り取って、代わりに穴を開けました。

最後に車体全体にチッピングをして、パステルをまぶしてできあがりです。

人形の組み立て開始

キューベルワーゲン・ロンメル野戦指揮 ドライバー人形の組み立て

キューベルワーゲン・ロンメル野戦指揮 ドライバー人形の組み立て

車体ができたら人形の製作です。働き者の私は休むまもなく次の工程に進みます。<(`^´)>
今回作るのはエンジンの修理を見守るドライバーとロンメル将軍、ロンメル将軍の車が壊れちゃったよ~と泣き言を本部に連絡している通信兵。そして別作品になるのですが、修理中の兵士です。

まずは半そで半ズボンのドライバー君です。やはりアフリカの砂漠ということでスカスカの半ズボンをはいています。この裾のあたりをディテールアップします。釘の先のような小さな彫刻刀で彫っていきます。さすがにこの狭さでゴリゴリ彫れるリューターのビットは持っていません。彫刻刀で荒堀したらデザインナイフとリューターで整えます。

右足(向こう側)は処理済、左足は処理前です。下からのぞかなきゃわかりくに場所ですが、やっぱり雰囲気がずいぶんとよくなります。

(全作品完成まで あと15)

関連するコンテンツ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

« »