« »

ティーガー1後期生産型 ヴィットマン212号車 その16 フィギュアの組立て

Category : AFV フィギュア ドイツ

Scale : 1/35 Maker : ドラゴン Post : 50-16

ミハエル・ヴィットマン・フィギュアの組立て

ティーガー1後期生産型 付属のミハエル・ヴィットマンのフィギュア

ティーガー1後期生産型 付属のミハエル・ヴィットマンのフィギュア

いよいよヴィットマンのフィギュアの制作です。このドラゴンのティーガー1後期生産型に付属する戦車兵はあの有名なミハエル・ヴィットマンです。しかも超有名な主砲の上に腰掛けたあのポーズです。このポーズを取ったヴィットマンはヴィレル・ボカージュの戦闘の日ではなく、その時の功績をたたえた記録映画の撮影の時で、その時の乗車は231号車だったのです。

今回私はヴィレル・ボカージュでイギリス軍をボコボコにやっつけた時の212号車を作りました。従ってこのポーズのヴィットマンではおかしいのですが、そんな堅いことは言いっこなしです。ほぼ単独でイギリス軍の一個中隊を全滅させて凱旋し、今日の大活躍に酔いしれているヴィットマンということにします。

さて、キットに話は戻しますと、このフィギュアはドラゴン自慢のGen2のフィギュアです。Gen2というのはGeneration2ということで、第2世代のフィギュアなのです。どう第2世代かというと、靴や手首などが別パーツに成っており、靴の裏側がモールドされていたり、袖の中がくりぬかれたりしています。また襟が別パーツとなっています。その上、記章類の多くがエッチングパーツで付属しており精密感はバッチリです。

とりあえず組み立ててみました。腕の付け根とかおしりのあたりに左右の脚を接着した後に隙間が空くので光硬化パテで溝を埋めました。第2世代といえども、このあたりは従来と同じですね。リューターで削った後、溶きパテで表面をならし、ついでにエッチングパーツにメタルプライマーとサーフェイサーを塗りました。

(全作品完成まで あと10)

関連するコンテンツ

作品No.50の記事一覧

  1. ティーガー1後期生産型 ヴィットマン212号車 Op.50 制作開始  (2006年4月15日)
  2. ティーガー1後期生産型 ヴィットマン212号車 その2 足回りの組み立て (2006年4月16日)
  3. ティーガー1後期生産型 ヴィットマン212号車 その3 排気管とジャッキ (2006年4月17日)
  4. ティーガー1後期生産型 ヴィットマン212号車 その4 車体前後のコーティング (2006年4月18日)
  5. ティーガー1後期生産型 ヴィットマン212号車 その5 車体天板の貼り合わせ (2006年4月19日)
  6. ティーガー1後期生産型 ヴィットマン212号車 その6 車体のコーティング (2006年4月20日)
  7. ティーガー1後期生産型 ヴィットマン212号車 その7 フェンダーとタグワイヤー (2006年4月21日)
  8. ティーガー1後期生産型 ヴィットマン212号車 その8 OVMの取り付け (2006年4月22日)
  9. ティーガー1後期生産型 ヴィットマン212号車 その9 砲塔内部 (2006年4月24日)
  10. ティーガー1後期生産型 ヴィットマン212号車 その10 組立て完了 (2006年4月25日)
  11. ティーガー1後期生産型 ヴィットマン212号車 その11 塗装 (2006年4月27日)
  12. ティーガー1後期生産型 ヴィットマン212号車 その12 細部の塗分け (2006年4月29日)
  13. ティーガー1後期生産型 ヴィットマン212号車 その13 ウオッシングとドライブラシ (2006年4月30日)
  14. ティーガー1後期生産型 ヴィットマン212号車 その14 履帯の組立てと泥汚れ (2006年5月3日)
  15. ティーガー1後期生産型 ヴィットマン212号車 その15 履帯の塗装と巻き付け (2006年5月4日)
  16. ティーガー1後期生産型 ヴィットマン212号車 その16 フィギュアの組立て (2006年5月5日)
  17. ティーガー1後期生産型 ヴィットマン212号車 その17 完成!! (2006年5月7日)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

« »