« »

ドイツ・大型軍用乗用車 ホルヒ・タイプ1a その5 完成!!

Category : 完成 AFV ドイツ

Scale : 1/35 Maker : タミヤ Post : 51-5

ウエザリング

ドイツ・大型軍用乗用車 ホルヒ・タイプ1a 1/35 タミヤ

ドイツ・大型軍用乗用車 ホルヒ・タイプ1a 1/35 タミヤ

最後の汚しです。本当はチッピングや汚しをちゃんとやらなければいけないのですが、今回はフィギュアを作りたくてやっていたので、とっとと終わらせてしまいました。特に見えない車体の裏側はチッピングを全くしていません。(+_+)\バキッ!

ドイツ兵は足の裏にスパイクの付いたブーツを履いていますから、床にいっぱいキズが付くはずです。この細かなキズをHBの鉛筆で付けてみました。でもうまくいきませんでした。もう少し研究してみます。

今回汚し用にMIGプロダクションのピグメントを使ってみました。使用したのはP028のヨーロッパダストです。普段私は土汚れはパステルを削って作っているのですが、これならば削る手間がいりません。途中で足りなくなる心配もありません。しかもピグメントは純粋な顔料の粉ですから、パステルを削った物よりも純度が高く、キレイに仕上がると聞いています。

完成!!

ドイツ・大型軍用乗用車 ホルヒ・タイプ1a 1/35 タミヤ

ドイツ・大型軍用乗用車 ホルヒ・タイプ1a 1/35 タミヤ

完成しました。もらい物であまり作る気が乗らなかったキットです。それでも付属のSS兵士の迷彩ポンチョにカモフラージュデカールを使ってみることにし、これをモチベーションにしました。早くフィギュアを作りたかったので、面倒なチッピングはほんのちょっぴりしかしてありません。特に車体の下部は見えないことを良いことにまったくしませんでした。(+_+)\バキッ!

まぁ、それでも作っていくうちにおもしろくなってくる物で、多少のディテールアップ(ライトの支持架とライトコード程度)もしました

いつものようにインチキ合成写真を作ってみました。ドライバー一人では寂しいので特別ゲストとして、以前作った親衛隊歩兵セットの皆さんとその他二人を追加してみました。以前はクルップボクサーに乗せたのですが、もともとこの親衛隊歩兵セットはこのホルヒに乗せるために開発されたものみたいで、ジャストフィットです。

それにしても親衛隊の士官は車に箱乗りするのが好きなのでしょうか?この隊長さんだけでなく、シュビムワーゲン用に作った戦車部隊前線偵察チームの将校も同じように箱乗りしています。行儀が悪いですよね。

真横から見たホルヒ・タイプ1aです。足回りの汚しにMIGのピグメント(ヨーロピアンダスト)を使ってみました。ヘッドライトとノテックライトの支持架をプラ板と真鍮板で作り直してあります。後ろから見たホルヒ・タイプ1aです。プラスチック部品の幌を塗装でどこまでらしくできるかやってみましたが、岩にしか見えません。(T_T)真上から見たホルヒ・タイプ1aです。床のブーツのスパイクのキズはHBの鉛筆です。初めてやってみましたが難しい物です。真下から見たホルヒ・タイプ1aです。複雑な足回りのメカニズムがちゃんと表現されています。操舵用のロッドが4輪ともに伸びています。ホルヒ・タイプ1aに付属のSS(武装親衛隊)の歩兵のフィギュアです。新撰組のカモフラージュデカールを使ってみました。簡単に迷彩柄の服を着せることができます。ドライバー一人では寂しいので、以前作った親衛隊歩兵セットとあと2名を組み合わせてみました。もともとこの親衛隊歩兵セットはこのホルヒに乗せるためのフィギュアらしく、ジャストフィットです。

(全作品完成まで あと9)

 

関連するコンテンツ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

« »