トップ資料ゼロ戦が作りたくなる本 モデルグラフィックス8月号

« »

ゼロ戦が作りたくなる本 モデルグラフィックス8月号

Category : 日記

Scale : Maker : Post : -


モデルグラフィックス8月号

モデルグラフィックス8月号

昨日7月13日はアーマーモデリングの発売日です。レンタルDVDを返しに行くついでに1階の本屋さんでアーマーモデリングを購入します。今月号の特集は今話題のタミヤの新製品『フランス戦車B1bis』です。先月号の予告で、この特集が出ることを知っていたので、B1の制作はこれを見てからに・・・なんて思っていました。

アーマーモデリングを取ろうとしたとき隣になにか気になる物が・・・
そうです、アーマーモデリングと同じ大日本絵画から出ているモデルグラフィックス誌の8月号です。大きな字で『ゼロ戦が作りたくなる本。』と書かれています。なになに・・・

生粋のAFVモデラーである私は(って単にAFVしか作ったことがないだけなんですけど)、あまり他のジャンルのプラモに興味を持つことがありません。このBLOGを古くから見てくれている方は良くご存知でしょうが、1年前の私はそれはそれは幼稚な技術で・・・

そうなんです、30年ぶりに出戻って、何も知らずに30年前の知識で作り始めたのですが、その間の技術や道具や様々なマテリアルの進歩に驚くやら喜ぶやらでなんとかここまでやってきたのです。

ここでAFV以外のプラモを作ろうと思うと、また一からやりなおしです。だいたい飛行機プラモは塗りながら作るなんて知りませんでしたからね。戦車は全部作っちゃってから塗りますからエラい違いです。

まぁそんなわけですから、自動車とかバイクとか飛行機とかに興味はあるのですが、なかなか足がすくんで手がすくんで、取りかかることができません。一度シュトルヒを作ったのですが、ほとんど戦車のノリで作りましたから、あまり大きな声で飛行機を作ったとは言えません。

で、このモデルグラフィックス8月号なんですが、タミヤの新製品のゼロ戦21型の作り方がディテールアップまで含めて懇切丁寧にカラー写真で解説されています。マジで『作りたく』なります。1/32の飛行機のデカさ、価格の高さ(8000円くらいもします)、を考えると・・・・ですが、やっぱり作りたい。今度模型屋さんにいったら見てこよっと♪

(全作品完成まで あと11)

関連するコンテンツ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

« »