トップ自動車ビアンチ・モデル1907 その2 シャーシ

« »

ビアンチ・モデル1907 その2 シャーシ

Category : 自動車

Scale : 1/16 Maker : バンダイ Post : 58-2


ビアンチ・モデル1907 シャーシ

ビアンチ・モデル1907 シャーシ

モーターライズの1/16ビアンチですが、シャーシのフレームが組み上がりました。なんと全長が30cmもあります。4人乗りの乗用車ですからせいぜい1/35のキューベルワーゲン(全長10cm程度)の倍くらいかと思っていたのですが、予想を遥かに超えた大きさです。30cmということは実車でも5m近くもあることになります。こりゃでかいですよね。

エンジンには冷却水用のパイプ(シリンダーヘッドから出ている黒いパイプ)、排気パイプ(シリンダーの向こう側)、吸気パイプとキャブレター、ディストリビューターと点火プラグのコードが丁寧に付いています。キャブレターには現代の車のような大きなエアフィルタは付いていません。

今日、モケモケさん(行きつけの模型屋さん)に車体を塗る塗料を買いにいったら、ご主人から真鍮製の金網をもらっちゃいました。もちろんキャブレターの吸気口の金網用です。真鍮製ですから塗装はしないでそのままです。平らな金網をヤスリの軸のおしりに押し当ててドーム型に加工します。これを適当な大きさにはさみで切って瞬間接着剤で貼り付けました。なかなかイカシテいます。ソレックスのツインキャブです。(ホントか?)

ハンドルのシャフトの向こうにあるのがシフトレバーです。これを引くとギアが入って駆動力がプロペラシャフトに伝達されます。ここまではうまくいきました。なんとか走るといいですね。

(全作品完成まで あと10)

関連するコンテンツ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

« »