トップAFVドイツドイツ武装親衛隊・戦車兵 1944-45 その5 完成!!

« »

ドイツ武装親衛隊・戦車兵 1944-45 その5 完成!!

Category : 完成 AFV フィギュア ドイツ

Scale : 1/35 Maker : ドラゴン Post : 60-5


残り3人

ドイツ武装親衛隊・戦車兵 残り3人

ドイツ武装親衛隊・戦車兵 残り3人

ここ数日ツクツクボーシが鳴いています。この声を聞くといよいよ夏も終わり。まだ残っている宿題が頭をよぎり、少々暗い気持ちになります。この蝉の声を聞くと毎年こんな思い出がよみがえりますね。

ってことで、この週末は宿題の追い込みに入った娘と机を並べてプラモを制作しています。娘の宿題をみてやるという名目で、大手を振って机に座っていられるので、算数の合間にフィギュアが完成しました。この写真は残りの3名です。

ドイツ軍というのは割ときっちりとした制服を着ていたというイメージだったのですが、大戦も後期になるとみなさんバラバラの服を着ていたのですね。伝統的な黒服やら迷彩服、さらには皮のジャケットまで。こうして並べてみるとファッションショーみたいです。

さらにネクタイをしているのは黒服の戦車長だけで、迷彩服の人はセーターを着ていますし、皮のジャケットの人はスカーフのような物を巻いています。ドイツ軍もさばけたものです。

完成!!

ドイツ武装親衛隊・戦車兵 1/35 ドラゴン

ドイツ武装親衛隊・戦車兵 1/35 ドラゴン

さて5人全員をヤクトティガーに乗せてみました。ドライバー君はこちらからは見えないので、欠席した生徒のように別枠になりました。

エッチングパーツのヘッドフォンとのどマイク、そしてこれに取り付けた銅線のケーブルがカッコいいですよね。ちょっとつなぎ目の瞬間接着剤の玉が大きくなりすぎましたが、これはご愛敬。

軽機関銃のスリングと双眼鏡のスリングは鉛の薄板を切って作りました。面倒でもこれをつけると見栄えがずいぶんと変わります。本当は取り付けの金具なんかも作るといいのでしょうが、そこまではチョット・・・

作品50でティガー1を作ってからは、作品のキリ番はちょいと大作にしようかな?なんて思っていましたが、いきなり作品60が小物のフィギュアセットになってしまいました。ヤクトティガーと番号を入れ替えればよかったですね。まぁそんな話はともかく、大戦後期の迷彩服を着た戦車兵のセットです。カッコいいですよね。ヤクトティガーにはフィギュアが入っていなかったので、同時にフィギュアも購入したのですが、このセットはみるなりこれだと思いました。ほかにもいろいろとあったのですが、私的にはこのセットが一番しっくりきました。

いろいろと考え方はあるかと思いますが、私はAFVにはフィギュアは1体でもいいので添えたいと思っています。ジオラマでなくてもなんらかのドラマをプラモに持たせたいなら人(フィギュア)が主役ですからね。そして何よりも無骨で大きな岩のような戦車の大きさや迫力を一番に伝えるためには、フィギュアを添えるのが一番直感的に理解できますからね。

運転席に埋まっているドライバーです。せっかく作っても顔しか見えません。(T_T)再若手らしい顔をしていたので、緊張している表情にしてみました。戦車長と標的の打ち合わせをしている砲撃手です。のばした人差し指を塗装の途中で3回も折ってしまいました。戦車長は伝統的な黒服を着ています。黒服はカッコいいだけじゃなく、塗るのが楽ちんです。(+_+)\バキッ!ヘッドフォンコードのつなぎ目の瞬間接着剤が玉になってしまいました。赤く塗ると目立ちすぎですね。通信士さんです。険しい表情で行く手を眺めています。この人はなんなんでしょうね?一人だけ違う皮のジャケットを着ています。本当は左手に地図を持っているのですが、指を切り離さなければ持たせられないので止めておきました。 今回の合成写真は、迫り来る連合軍を待ち伏せするヤクトティガーです。この後、この大戦最強の戦車はおびただしい数の連合軍戦車を破壊するのでしょうが、多勢に無勢ということで・・・そんな緊張感やら悲壮感が表情に表せればと思って作りましたが・・・

(全作品完成まで あと7)

 

 

 

関連するコンテンツ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

« »