トップAFVイギリスシャーマンMk.5C ファイアフライ その8 デカール貼りと細部の塗分け

« »

シャーマンMk.5C ファイアフライ その8 デカール貼りと細部の塗分け

Category : AFV イギリス

Scale : 1/35 Maker : タスカ Post : 74-8


シャーマンMk.5C ファイアフライ デカール貼りと細部の塗分け

シャーマンMk.5C ファイアフライ デカール貼りと細部の塗分け

制作再開です。単色塗装なのでいきなり細部の塗装に入ります。と、その前にデカールを貼ることにしました。デカールを貼った上からつや消しクリアを吹き付けるのですが、その時にOVMの金属部分も一緒につや消しになってしまいます。これでは困るので、先につや消しクリアを吹いてからOVMを塗り分けることにします。そしてそのためにはまず最初にデカールを貼らなければなりません。

デカールを貼ったのが昨日で、そのまま十分に乾燥させるために一晩置きました。そして今朝フラットクリアを吹き付けておきました。フラットクリアはラッカーの缶スプレーなのですぐに乾燥します。乾燥待ちの間に履帯を塗ったり、フィギュアの下塗りをしました。

車体のつや消しクリアが乾いたら、転輪ゴムの塗り分け、OMVの塗り分けをします。ちょっと前までOVMは塗ってから取り付けていたのですが、接着してから塗り分けるのもやってみると意外にできるもんですね。多少失敗はしますが、そこはリタッチしてごまかします。

ヘッドライトの中はガンダムマーカーのメッキシルバーを筆に取って塗ります。タミヤのペイントマーカーが品切れしていたので、こっちを買ってみましたが、これでもかなりピカピカです。レンズの接着は ボンドウルトラ多用途SU と言う透明度の非常に高い接着剤で行いました。

最後はペリスコープの取り付けです。以前コメントいただいた方法を試してみました。まずは銀紙(アルミホイル)を貼り付ける方法です。たしかにクリアパーツをただ塗るだけよりはガラス面の存在感が出ました。次回はガラス面以外を全面銀で下塗り方を試してみようと思っています。

さあ、これで新車のファイアフライのできあがりです。フィギュアも半分まではできあがっていますから、あと1~2日で完成させられそうです。3連休は倉敷へ遠征しなければならないのでそれまでにはなんとか完成させたいと思っていたのですが、なんとかなりそうです。

(全作品完成まで あと13)

関連するコンテンツ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

« »