« »

ソビエト戦車・T-34/85 1944年型 その8 完成!!

Category : 完成 AFV ソビエト連邦

Scale : 1/35 Maker : ドラゴン Post : 77-8

仕上げ

T-34/85 1944年型 ベッドスプリング装甲の仕上げ

T-34/85 1944年型 仕上げ

ベッドスプリング装甲をウオッシングにドライブラシします。またしても乾燥待ちで半日以上置きます。本当は1月中に完成の予定だったのですが、これで1日遅れてしまいました。

全体にチッピングを入れます。特にベッドスプリング装甲にはたくさんいれます。矢面に立たされているわけですから色々なところがはげているはずです。

全体の調子を見ながら入り隅にセピアのパステルを置いていきます。戦車の表面がすすけた雰囲気になってなかなかカッコ良くなってきます。

次はピグメントのライトラスト(錆色)を錆易そうな場所にこすりつけていきます。抹茶アイス色の車体とオレンジ色の錆色は補色に近いのでかなり目立ちます。それでも遠慮無く水のたまりそうな場所に置いていきました。

最後は今回初登場のピグメントのインダストリアル・シティ・ダストを下半分を中心に全体にまぶします。いつもやヨーロピアンダストかロシアンアースなのですが、市街戦ということでこの色を使います。丁度セメントとかレンガが崩れて粉になったものが混ざったような色です。なんだかものすごくホコリっぽくなります。

パステルやピグメントで粉だらけになった車体を最後にエアブラシのから吹きで吹き飛ばします。隅っこにたまった粉がフワッと飛び散ります。もしかしたらこのときにエナメル溶剤でも吹き付けたらピグメントが定着するでしょうか?悲惨な目にあうといけないのでここで試してみる勇気はでませんでした。一度実験してみると良いかもしれませんね。

完成!!

ソビエト戦車・T-34/85 1944年型 1/35 ドラゴン

ソビエト戦車・T-34/85 1944年型 1/35 ドラゴン

これにて ソビエト戦車・T-34/85 1944年型 1/35 ドラゴン の完成です。キットの中味だけで十分な再現度を持ちながら非常に作りやすいスマートキットならではですね。

ただ、このキットを作っている最中に、ドラゴンからベッドスプリング装甲やエッチングのエンジンのルーバーが同梱されたキットが発売されました。ちょいと悔しいですよね。でもまあ、めげずに完成させました。

フィギュアが居ないと寂しいので、この写真には写っていませんが、フィギュアは手持ちのトライスターのソ連軍戦車兵をあしらってみました。元々7体入りのセットだったので2名が余っていました。これで全員就職です。

正面から見たT34/85戦車です。今回の抹茶アイス色はNATOグリーンに30%ほど白を混ぜました。油彩のローアンバーでウオッシングしてあります。後ろから見たT34/85戦車です。足回りのホコリ汚れはピグメントのインダストリアル・シティ・ダストを使いました。壊れたセメントやレンガの粉が混ざったようなの色です。市街戦ですからね。斜め後ろから見たT34/85戦車です。オプションでアベールのエッチングパーツのベッドスプリング装甲を付けました。それ以外は本当に素組みです。真横から見たT34/85戦車です。誘導輪(前です)が小さいので履帯がカクカクと曲がるのですが、マジックトラックではこれが十分に表現できます。真上から見たT34/85戦車です。真っ白な対空識別帯が一本通っています。ムラが出るように筆で塗ってあるのですが、これくらい離れるとわかりませんね。
OVMの留め具にもスキはありません。キッチリと再現されています。いつものインチキ合成写真です。ベルリン手前でもう勝ったつもりのソ連戦車兵が女性兵士に声をかけています。ナンパでもしているのでしょうか?後ろでヘタっているのは、燃料切れで遺棄されたヤクトティガーです。

(全作品完成まで あと10)

関連するコンテンツ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

« »