« »

P-47Dサンダーボルト バブルトップ その7 パイロン、増槽、脚

Category : 飛行機

Scale : 1/48 Maker : タミヤ Post : 79-7

P-47Dサンダーボルト バブルトップ 各部の組立て

P-47Dサンダーボルト バブルトップ 各部の組立て

機体のデカールが貼り終わったので、最終の仕上げ塗装に入る前に、まだやり残してあった細部の組み立て塗装をします。プロペラ、増加燃料タンク、爆弾をつり下げるためのパイロン、そして車輪を取り付けるための脚などです。

メインの脚にはブレーキパイプをソフトワイヤーで付けておきました。あまりきちんとした資料となる写真が無かったので、想像で適当に付けてあります。脚にはデカールを貼ることになっているのですが、ブレーキパイプ(すでに接着済み)がじゃまで貼れません。しかたがないのでブレーキパイプを避けて貼りました。目立たない場所なのですが、やはり作業工程は説明書をよく読んで計画的に進めるべきですね。コレって基本中の基本なのですが、毎回なんかかんかやらかしています。(+_+)\バキッ!

残っているのはタイヤと爆弾、ロケット弾ランチャーの筒で、すべてつや消しのパーツばかりです。ここらでクリアをコートして、墨入れ、ウオッシングなどの仕上げに入ります。

(全作品完成まで あと11)

関連するコンテンツ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

« »