トップAFVドイツ8.8cm対戦車自走砲ナスホルン その9 履帯の取り付け

« »

8.8cm対戦車自走砲ナスホルン その9 履帯の取り付け

Category : AFV ドイツ

Scale : 1/35 Maker : ドラゴン Post : 83-9


ペリスコープなどの取り付け

8.8cm対戦車自走砲ナスホルン ペリスコープなどの取り付け

8.8cm対戦車自走砲ナスホルン ペリスコープなどの取り付け

細部の塗り分けも終わり、ペリスコープも付けて新車のナスホルンの完成です。汚いハンダ付けの痕もすっかり塗装で覆い隠されてご機嫌な仕上がりです。瞬間接着剤ですと、多少盛り上がりがあるのですが、ハンダ付けはきれいに削り取ってしまうことができるので、仕上がりがきれいですね。

主砲は塗装のしやすさを考えて取り外しできるようになっています。ただし、すべてのシールドが取り付けられているため、まるで知恵の輪パズルのようにしなければ、はめたり外したりできません。

ウオッシングとドライブラシ

8.8cm対戦車自走砲ナスホルン ウオッシングとドライブラシ

8.8cm対戦車自走砲ナスホルン ウオッシングとドライブラシ

仕上げの塗装に入ります。油彩のセピアでウオッシングしたあとに、油彩のローアンバーを筆でチョンチョンと付けて行きます。そして大きめの柔らかい平筆に無臭ペトロールを付けて縦に筋が残るように拭き取ります。大きな広い面のシールドが単調にならないように雨だれを付けておきました。

軽く3段階ほどドライブラシをしてエッジを際だたせました。平らな鋼板を組み合わせたシャープなエッジを持つシールドはドライブラシで際だたせます。

仕上げに車体の下部にピグメントを無臭ペトロールで溶いた物を塗りつけます。今回はドロドロにするつもりはないので、薄めに溶いて塗るだけにしました。泥がたれた感じも筆で描いておきました。

履帯の汚しと取り付け

8.8cm対戦車自走砲ナスホルン 履帯の汚しと取り付け

8.8cm対戦車自走砲ナスホルン 履帯の汚しと取り付け

履帯にも無臭ペトロールで溶いたピグメント(ヨーロピアンダスト)を塗りつけておきます。十分に乾かしてからブラシでごしごしとピグメントを削り落とし、ついでにメタルカラーにツヤも出しておきます。

ここまできてやっと履帯を車体に接着できます。なにしろ不安定なので壊しはしないかとヒヤヒヤものでしたが、なんとか無事取り付けるところまできました。って安心していたら、砲隊鏡を折ってしまいました(涙)。

(全作品完成まで あと11)

関連するコンテンツ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

« »