« »

Sd.kfz.251/20ウーフー その6 基本塗装とフィギュアの準備

Category : AFV ドイツ

Scale : 1/35 Maker : AFVクラブ Post : 85-6

基本塗装

SD.kfz.251/20ウーフー 基本塗装とフィギュアの準備

Sd.kfz.251/20ウーフー 基本塗装とフィギュアの準備

紙で四角い筒を作り、これを車体上の開口部にすっぽりとかぶせてマスキングします。実は前回のサフ吹きの段階でこの紙マスクは作ってあったのです。そしてエアブラシで一気にダークイエローを吹き付けます。ついでに車輪も塗っておきましょう。

フィギュアの準備

乾燥を待つ間にフィギュアの塗り直しです。私は一度完成させたプラモは作り直したり塗り直したりはしない主義なのです(そんな時間があったら次を作りたい)が、1体だけですし、ちょいと訳があって塗り直しです。

このフィギュアはドラゴンのハーフトラック・クルーメンに付属している兵士なのですが、他の兵士が戦闘中なのに、一人だけ余裕をかましています。完成後はまるで見えなくなる通信兵ですら、なにやら叫んでいるキットなのにです。で、こちらに転職を願いました。

彼の元々の姿はこちらにあります。作ったのは2005年の12月で、1年半近くも前です。服も顔もウオッシングとドライブラシという車両と同じ技法で塗っていました。また、大戦後期の制服にもかかわらず、ヘルメットにマークを入れています。ヘルメットにマークが入るのは大戦の初めのうちで、そのころの制服はダークグリーンの詰め襟ですもんね。1年半でそんなことまで学習しました。(^-^)

迷彩塗装の下書き

SD.kfz.251/20ウーフー 迷彩塗装の下書き

Sd.kfz.251/20ウーフー 迷彩塗装の下書き

さていよいよ迷彩塗装に入ります。いつもは度胸一発決めていきなりエアブラシで迷彩塗装をするのですが、今回は説明書のイラストを見ながら筆で下書きをしてみました。薄い塗料で線をいれていたのですが、どこが塗るところかがわからなくなってくるので、軽く塗ってみました。

さすがに筆の下書きは大変で、これだけに1時間くらいかかってしまいました。エアブラシならエイヤ!って10分ほどですけどね。これだけ手間暇かけるのだから、仕上がりが良くなるといいですけどね。

(全作品完成まで あと9)

 

関連するコンテンツ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

« »